柴犬コインとは?億り人を生んだ理由と将来性を解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

柴犬コイン(SHIB)は犬をモチーフにした仮想通貨です。

ネットのジョーク(ミーム)を元にして作られた仮想通貨でありながら、2021年には73万倍に高騰して話題を集めました。

柴犬コインの2021年のチャート

当時は「柴犬コインで億り人になった」という人も続出したほどです。

いまや柴犬コインは100以上の取引所に上場する人気の仮想通貨となりました。

本記事では柴犬コインで億り人が誕生した背景を解説するとともに、特徴や将来性についても見ていきます。

柴犬コイン(SHIB)とは?億り人を生んだ草コイン

柴犬コインは2020年8月に誕生した仮想通貨です。

1円未満で購入できる超安価な仮想通貨であり、このような安い仮想通貨のことを”草コイン”と呼びます。

柴犬コインはミームコインであり、草コインでもあると言えます。

名称SHIBA INU
シンボルSHIB
発行日2020年8月
基盤通貨イーサリアム
通貨タイプERC-20
時価総額ランキング18位
時価総額(2023年10月時点)¥601,424,856,579
価格(2023年10月時点)¥0.001015
公式サイトhttps://shibatoken.com/

柴犬コインはイーサリアム基盤上に作られたERC-20トークンで、開発当初はただのジョーク(ミーム)コインとして開発されています。

当時はすでにDOGEコインという、犬をモチーフにした仮想通貨が同じように存在していました。

犬系ミームコインという共通項を持つこれらの仮想通貨は値動きが連動しやすいです。

例えばイーロン・マスクがドージコインについて言及した際には、柴犬コインの価格もそれに乗じて動く傾向があります。

過去イーロン・マスクが「柴犬を飼う」とTwitterで発言したときには、5日間で3.4倍も価格が急騰

柴犬コインは値動きが大きい仮想通貨であるため、いまでも億り人を狙ってトレードを行う人たちの姿が見られます。

そんな柴犬コインは100以上の取引所に上場中。

国内では「SBI VCトレード」や「BITPOINT」という仮想通貨取引所で柴犬コインを取引できます。

年率99%のレンディングキャンペーン実施中

SBI VCトレードの口座開設はこちらから

柴犬コイン(SHIB)で億り人が誕生した理由

柴犬コインを検索してみると、キーワードに”億り人”という文字が出ます。

柴犬コインの検索結果

柴犬コインへの投資で億り人になった人は実在します。(参考リンク)

柴犬コインで億り人になった人物は当時38万円相当のSHIBを購入。結果的に、保有するSHIBの価値は1760億円にまで成長しました。

資産は46万倍も増加したことになります。

チャートを見ると柴犬コインは2021年に高騰をしています。

柴犬コイン(SHIB)のチャート(2020年~2024年)

なぜ柴犬コインは高騰したのか。

当時のチャートを振り返るとともに価格が上昇した要因を探ります。

2021年に価格大幅上昇

柴犬コインは2021年に大きな価格上昇を2回果たしています。

2021年1月1日:0.00000001233円
    ↓
2021年5月11日:0.003777円
    ↓
2021年10月28日:0.009017円

柴犬コインが高騰した要因は著名人の発言や動向」と考えられています。

著名人が特定の草コインについて言及すると一気に注目が集まり大量の買いが入る傾向があるためです。

例えばテスラCEOであるイーロン・マスクはたびたび仮想通貨について言及しています。

2021年5月には柴犬と一緒に撮った画像を投稿

2021年10月にはイーロン・マスクは自身の飼い犬である柴犬Flokiの写真をTwitterで投稿

チャートを見るとイーロン・マスクの動向に呼応するかのように価格が上昇しています。

これがいわゆる”イーロン・マスク砲”です。

イーロン・マスクの投稿をきっかけに市場では柴犬コインの上昇を期待し買いが殺到。

2021年10月に柴犬コインは過去最高値をつけました。

柴犬コインは価格が0.001円と非常に安いためにどんな人でも購入できました。まさに買いが買いを呼ぶ展開となって価格が上昇をしたと考えられます。

なお、イーロン・マスクの飼い犬がモチーフになった仮想通貨FLOKIの詳細は別記事で解説を行なっています。

イーサリアム創業者による多額の寄付で注目度UP

イーロン・マスク砲の前段にあたる2021年5月12日、イーサリアム創業者のVitalik Buterinは、50兆のSHIBトークン(当時12億ドル相当)を支援団体に寄付しました。

https://twitter.com/Altcoin_Alerts/status/1392551544403361792

イーサリアムはビットコインに次ぐ人気と知名度、時価総額を持つ仮想通貨です。

そのイーサリアムの創業者が突然「柴犬コイン(SHIB)を手放す」と発言したために「柴犬コイン?なにそれ?」とここでも柴犬コインは大きな注目を集めます

他のミームコインより知名度、機能性で勝る

柴犬コインは「ミームコイン」と言われるタイプの仮想通貨です。

ミームコインとは、ネット上のジョークを元にして作られた仮想通貨のこと。「柴犬をモチーフにした仮想通貨があったら面白いんじゃない?」という軽いノリから生まれます。

ミームコインは超激安で投資がしやすいためおもしろがって投資する人がいます。

柴犬コインはそのミームコインの中でも時価総額約6,000億円と最大規模を誇ります。

コインマーケットキャップの時価総額ランキングでは18位。

さらに柴犬コインはミームコインでありながら独自の進化を遂げていっています。

Defiプラットフォームのシバリウム、メタバース空間の「The Metaverse」の開発など他のミームコインとは一線を画した機能性を備えるようになっています。

柴犬コインで億り人になれたワケ

柴犬コインは著名人の発言や動向により注目を集めて価格が上昇。その後、新しいプロジェクトが次々にリリースされたことで人気の仮想通貨になっていきました。

億り人になったひとは柴犬コインが注目を集めていない時から投資していました。その観察眼が億り人になれた理由のひとつと言えるでしょう。

もちろんすべての仮想通貨が上がるとは限らないものの、いまでも何十、何百倍と値上がる仮想通貨は出ています。

国内ではいち早く柴犬コインを扱った「BITPOINT」の口座を持っておくと投資チャンスが見つかるかもしれません。

1,500円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

柴犬コイン(SHIB)の特徴

柴犬コインの特徴は主に4つ。

  1. ミームコイン
  2. 発行枚数は1,000兆枚
  3. イーロンマスクの発言で価格が左右されやすい
  4. 3種類のトークンが存在する

ミームコイン

柴犬コインは、ミームコインの一種です。

ミームコインとは、ネット上のジョーク(≒ミーム)を元にして作られた仮想通貨のこと。

「柴犬をモチーフにした暗号資産があったら、おもしろくない?」と半ばノリのような形で作られました

ミームコインの代表例には、同じく犬をモチーフにした「Dogecoin(ドージコイン)」があります。柴犬コインは、ドージコインと対をなす存在として開発されており、ドージコインキラーを自称しています。

ほかにも2023年上半期には、「PEPE」というミームコインで5億円の利益を得た人が出ました。

ミームコインの中には、いちど注目を集めると買いが殺到して価格が急激に上がるものがあります。

近年に仮想通貨で大きな利益を得た人はミームコイン投資に成功したひとも少なくないでしょう。

ただし、ブームが過ぎ去るとミームコインの価格は急落するのがお決まりです。取り扱いには十分に注意する必要があります。

ミームコインに関する詳しい内容は「ミームコイン(memecoin)とは?特徴や購入方法、おすすめコインを紹介」で解説しているので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
ミームコインとは?特徴や購入方法・おすすめコインを紹介!
ミームコインとは?特徴や購入方法・おすすめコインを紹介!
ミームコインとはジョークやネタを元にして作られた仮想通貨(暗号資産)です。 元々は内輪で盛り上がっていただけでしたが、いまや仮想通貨の時価総額ランキング8位に上り詰めたドージコインを筆頭に仮想通貨市場でその存在感を強めています。 「仮想通貨で億り人になった」人の中には、ミームコインへの投資がきっかけになっている方もいます。 本記事ではミームコインとは何なのか、その特徴や買い方を解説。今後注目のミームコインも紹介します。

発行枚数は1,000兆枚

シバイヌ(SHIB)は発行上限が1,000兆枚と上限が定められており、そのすべてが既に発行されています。

SHIB全体量の50%はイーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏に送られました。2021年5月頃、ヴィタリック・ブテリン氏がシバイヌ(SHIB)を保有している40%をバーン(消滅)し、残りの10%を慈善団体に寄付しています。

現在は約500兆枚が流通しています。

500兆枚と言われるとイメージが難しいですが、例えば仮想通貨の代表例であるビットコインは上限枚数が2,100万枚と決められており、現在でも全ては発行されていません。

シバイヌ(SHIB)は発行量が多いため、1つ当たりの価格も低いです。

イーロンマスクの発言で価格が左右されやすい

柴犬コインの開発当初の価格は0.0000000125円。

2021年5月にイーロン・マスクがDogeコインに関する発言をすると、柴犬コインは急騰を果たします。

急騰後の価格は0.0078円。開発当初の価格から約30万倍の上昇を記録しました。

SHIBA INUのチャート

億り人を狙う人が暗号資産投資をするのは、柴犬コイン並の価格上昇を期待しているのかもしれません。

ただ、チャートを見ると分かる通り、柴犬コインは価格変動が大きいです。

もともと柴犬コインはミームコインとして作られており、長期的な目標や実用性を持って開発された暗号資産ではありません。そのため投機的な目的で柴犬コインを購入する人も多いです。

柴犬コインは時価総額が高くなったとはいえ、ビットコインと比較するとまだボラティリティが高いので要注意。

イーロンマスクが言及するだけで、価格が数10%以上変動することも珍しくないので、投資は慎重に検討する必要があります。

3種類のトークンが存在する

柴犬コインには3つのトークンが存在します。トークンの名称と主な役割は以下の通り。

  • SHIB:流通通貨
  • LEASH:ステーキング報酬で得られるトークン
  • BONE:ShibaSwapの運営に関わる投票権を持つトークン

SHIB(シバイヌコイン)

SHIBは、シバイヌコインのエコシステムの根幹を成す通貨です。

世界中の仮想通貨取引所やShibaSwapなどで取引されています。

ShibaSwapは、柴犬コインのプロジェクトの中で生まれた仮想通貨の分散型取引所(DEX)です。

SHIBは、主に通貨としての支払いに使用されます。

LEASH(リード)

LEASHは、ShibaSwapでステーキングを行うと得られるトークンです。

もともとはDOGEと価格連動するように設計されたトークンでしたが、現在はその機能が削除され、報酬として使用されます。

SHIBの発行枚数が1000兆枚である一方、LEASHの総発行枚数は107,646LEASHと非常に少ないのが特徴です。

BONE(ボーン)

BONEは、ShibaSwap内に設置されているDoggy DAOのガバナンストークンです。

BONEを保有することで、ShibaSwapの運営に関わる投票への参加権利を得られます。

BONEの保有量に応じて、投票券の数が増加し、発言権も大きくなります。総発行枚数は2.5億枚です。

上記3つのトークンは、シバイヌコインのエコシステムの重要な要素として機能しており、それぞれが異なる目的で利用されています。

画像出典:https://www.shibatoken.com/

柴犬コインの将来性

柴犬コインの将来性について解説していきます。

ShibaSwapの発展性

SHIBASWAPは、柴犬プロジェクトが展開するDEXです。2021年7月6日にバイナンススマートチェーンメインネットワークでスタートしました。

Shibswap

ShibaSwapは多様なサービスを提供しています。

ステーキングやガバナンス、NFTなどの機能を追加した通貨交換とプールが可能です。近い将来DEXの需要が増えるとともに、ShibaSwapの需要も増えると予想されます。

The Metaverseのローンチ

The Metaverseは、柴犬コインのメタバースプロジェクトです。

Shibtoken

犬のアバターを使ってメタバース空間で他者と交流できたり、メタバース内でイベントを起こしたり、自分だけのオリジナルゲームを作ったりできます。

The Metaverseの活動には、共通で使える暗号資産が必要です。利用が期待されているのは、もちろん柴犬コインです。

The Metaverseに人気が集まれば、その基軸通貨になるであろうSHIBの価格上昇には期待が持てます

まだまだ世間ではメタバースの需要は乏しいですが、今後メタバース需要が高まっていけば柴犬コインも中長期的に成長していくと予想できます。

柴犬コインの認知度向上

柴犬コインに将来性があるかどうかは、結局のところどれだけ多くの人が柴犬コインを認知し、注目を集められるかがカギとなります。

その点、柴犬コインはマーケティングが上手です。

大規模Web3カンファレンスのスポンサーに就任する。プロジェクトのチームメンバーに、アーティスト、マーケターの実力者を加えるなど多くの活動が見られます。

Twitterフォロワー数は372万フォロワー。ライバルであるDogecoinのフォロワー数383万フォロワーに迫る勢いを見せています。

イーサリアムの影響を強く受ける

柴犬コインはイーサリアムを基にして作られているため、イーサリアムの影響を強く受けます。

市場では「イーサリアムのフリップニング効果」が期待されています。フリップニングとは、イーサリアムの時価総額がビットコインを上回り、市場での順位が逆転することです。

イーサリアムがビットコインよりも人気が出れば、その恩恵は柴犬コインにも好影響を及ぼすことが予想されます。

柴犬コイン(シバイヌ/SHIB)の買い方

シバイヌ(SHIB)は、国内の暗号資産取引所で購入できます。

SHIBを買える国内取引所は6つです。

取引所名売買手数料入金手数料出金手数料
BITPOINT無料無料未対応
bitFlyer無料無料320,000 SHIB
SBI VCトレード無料無料未対応
オーケーコインジャパン無料無料1122276.6895~4489106.7582SHIB
Binance Japan調査中調査中調査中
Coincheck無料無料4110701SHIB

BITPOINTは国内取引所で初めてSHIBを上場させました。

SBI VCトレード」は500円からSHIBを購入できるのでオススメ。購入に際して手数料がかからないのでお得です。

仮想通貨取引所の口座は複数持っておくと資産の分散化や送金する際に便利なので、迷った場合は2~3の取引所を持つのも手です。

柴犬コインの買い方」については別記事により詳細な内容をまとめています。

なお柴犬コインは海外取引所でも取り扱いがあります

おすすめの海外仮想通貨取引所も参照してみてください。

あわせて読みたい
海外の仮想通貨取引所おすすめランキングBEST10
海外の仮想通貨取引所おすすめランキングBEST10
海外の仮想通貨取引所を比較しておすすめランキングを作成しました。 銘柄数や取引高、最大レバレッジなど10つの項目をチェック。総合的に利用しやすい海外取引所を導き出しました。 記事後半では海外取引所を利用する際の注意点も載せています。 海外取引所選びの参考にしていただければ幸いです。

柴犬コインの最新情報

2023年8月17日 シバリウム(Shibarium)が正式ローンチ

柴犬コインのイーサリアムレイヤ-2ブロックチェーン「シバリウム(Shibarium)」が、2023年8月17日にローンチされました。

https://www.shib.io/
https://twitter.com/Shibtoken/status/1691935726244409446

シバリウムの目的は、レイヤー2ブロックチェーン技術を用いることで安い手数料で高速な送金ができるようにすることです。すでにShibariumuを利用して、多くのプロジェクトが開発を進めています

シバリウムがリリース後、プロジェクトに関わる各種コインの値動きがどうなったのかまとめます。

SHIBの値動き

2023年8月17日現在、SHIBの値動きは微小です。0.0013円~0.0014円の間で推移しています。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/shiba-inu/

BONEの値動き

2023年8月17日現在、BONEの値動きは大きいです。179円~253円の間で推移。出来高もこれまでより増加していることが分かります。

https://coinmarketcap.com/currencies/bone-shibaswap/

BONEは、シバリウムでガス代の支払いやデリゲーターへの報酬として使用されます。BONEはシバリウムと直接的に関わるトークンであるため、今回の価格変動、出来高の増加に繋がったとのでしょう。

SHIBARMY, we are sprinting towards the next paradigm shift towards a new era. With the incoming launch of Shibarium, our own Layer 2 blockchain, and much more, in the next few days you will notice that we will MINT THE REMAINING SUPPLY OF BONE and RENOUNCE THE BONE CONTRACT so that no further minting will be possible. This is a necessary step to starting our blockchain, as a significant portion of BONE is allocated to the first role in our upcoming system, VALIDATORS. BONE will also serve as your passport to the future, being the token DELEGATORS bury to get a portion of rewards, the GAS TOKEN FOR SHIBARIUM, AND technology GOVERNANCE within our new system.

https://blog.shib.io/bone-the-passport/

LEASHの値動き

8月17日、LEASHは大きく下落しました。元々8万円台で推移していましたが、6万円台まで下落。

https://coinmarketcap.com/currencies/doge-killer/

LEASHは2023年8月15日にシンガポールの取引所「Crypto.com」に上場していました。

柴犬コイン(SHIB)は「ビットポイント」や「bitflyer」で購入可能です。BONE、LEASHはShibaswapで購入できます。

1,500円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

The Metaverseが2023年末にオープン

SHIBA INU のエコシステムを活用したメタバースプロジェクトThe Metaverseは、2023年末にオープン予定です。The Metaverseでは、人型の犬のようなアバターを作成して、土地の探索・訪問・交流を楽しめる見込みになっています。

TheMetaverseでは10万595区画の仮想土地が登場する予定で、土地の所有者はゲームのリソース集めや受動的な報酬を得られるシステムも取り入れられるとのこと。

プロジェクトは順調に進行中であり、テストネットが稼動しており、シバリウムにて開発が進められています。2023年6月には「SHIB:The Metaverse」を構成する『Rocket Pond』のティザー動画が公開され、さらなる進展が期待されています。

https://twitter.com/Shibtoken/status/1666578941304360963
過去の更新情報

2023年8月 シバリウムが稼働予定
柴犬コインのプロジェクトでは、「シバリウム」と呼ばれるレイヤー2ブロックチェーンが8月に正式リリースされる予定になっています。

シバリウムは分散型ゲームの開発やメタバースに重点を置いたプロジェクトで、イーサリアムのセキュリティに依存しつつ、オフチェーンで高速で安価なプライベートなトランザクションを処理でき、データ負荷と手数料を軽減できます。

シバリウムのリリースに向けて、8月15~16日にカナダで開催される「Blockchain Futurist Conference」、「Eth Toronto」、「Eth Women」のイベントで、シバイヌがタイトルスポンサーになることが発表されています。

柴犬コインの注意点

この章では、柴犬コインの注意点を解説していきます。

ボラティリティが高い 

柴犬コインは、ボラティリティ(価格変動)が大きいです。

著名人の発言によって価格急激に変動することは珍しくありません。既に説明した通りイーロン・マスク氏がTwitter上で柴犬コインに言及すると、数十%もの価格変動が起きることがあります。

あらかじめ価格変動を見越したうえで、投資戦略を考えるのが大事です。

作成者の素性が不明

柴犬コインは、作成者に関する情報が不明瞭です。

RYOSHIというファウンダーによって柴犬コインは作られたとされていますが、RYOSHIについての詳細な情報は少ないです。

プロジェクトの開発チームやファウンダーの素性が開示されていれば、投資家は安心できます。ブロックチェーン技術があるので、誰が・いつ・どんな動きをしているのかは追えるものの、作成者の素性がわからないというのは一抹の不安があります。

ミームコインは他にも選択肢が多数ある

ミームコインは柴犬コインやDogecoin以外にも多数存在します。それらミームコインの価格動向は、シバイヌコインの価格にも影響を与えます。同じ犬をモチーフにした他のミームコインには注目する必要があるでしょう。

ただ柴犬コインは、DEX(分散型取引所)やメタバースなど様々な機能性を有するようになり、いまや利便性のある暗号資産としての地位も獲得してきています。

柴犬コインは元々ミームコイン(ジョーク)として知名度がありましたが、ほかのミームコインとは別格の立ち位置になってきているという見方も強いです。

もちろん未だにミームコインの影響は受けるものの、ちょっとやそっとでは揺るがない暗号資産になってきているのも事実です。

シバイヌ(SHIB)のQ&A

シバイヌ(SHIB)の用途は?

シバイヌ(SHIB)は主に海外取引所での支払いがメインの用途になります。

他の用途はShibaSwap(分散型取引所)に預けておくことで報酬(BONE)を得ることも可能です。

シバイヌ(SHIB)以外にはどんなミームコインがある?

  • 元祖ミームコインであるドージコイン(DOGE)
  • 2ch発祥のモナコイン(MONA)
  • ミーム「Pepe the Frog」のペペコイン(PEPE)
  • ソラナチェーンで作られたボンク(BONK)

などが存在します。

2023年には、PEPEコインが約1ヶ月で66倍に跳ね上がりました。

PEPEの価格チャート

ミームコインと似た仮想通貨に「草コイン」と呼ばれるものがあります。

草コインは1円以下で購入できる暗号資産のことで、ミームコインも元々は草コインだったものがほとんどです。

おすすめの草コイン一覧」を別記事でまとめているので、よろしければご覧ください。

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。