JUNKeeeeS(ジャンキーズ)とは?特徴・NFTアートの買い方を解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

「JUNKeeeeS(ジャンキーズ)って何なんだろう」「どうやってNFTを買うんだろう」と悩んでいませんか。

JUNKeeeeSは、ジャンクフードをテーマにした個性豊かなキャラクターが特徴のブランドです。

今回は、JUNKeeeeSの概要や特徴から、NFTアートをどうやって買うのかまで、詳しく解説します。

JUNKeeeeSとNFTアートの購入方法まで一記事で丸わかりです。

興味のある方は、ぜひ続きをご覧ください。

おすすめ取引所!
  • 想定年利10%以上の仮想通貨運用
  • 各種手数料が無料
  • 500円から仮想通貨を買える
  • SBIグループの運営で安心感◎
SBI VCトレードの評判・口コミ
【公式】SBI VCトレード

この記事のポイント

  • ジャンクフードをテーマにしたブランド
  • イベント、コラボを積極的に実施
  • グッズ販売、マンガ化、ゲーム化、アニメ化などを目指している
  • コミュニティに参加し、プロジェクトの成長に寄与できる
  • NFTコレクションを3種展開

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)とは

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、ジャンクフードをテーマにしたキャラクターが活躍する新しいブランドです。

キャラクターを通じて、NFTアートやイベント、コラボなど、さまざまな分野で新しい世界観を展開しています。

2022年4月に活動をはじめ、NFTプロジェクトを中心にデジタルアートの販売などで注目を集めてきました。

JUNKeeeeSは、ジャンクフードをテーマにしたキャラクターが活躍するブランドであり、多くのメディアやコラボを通じてユニークな世界観を展開しています。

プロジェクト名JUNKeeeeS(ジャンキーズ)
ブロックチェーンEthereum(イーサリアム)
NFTマーケットプレイスOpenSea(オープンシー)
公式サイトJUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式サイト
公式SNSX(Twitter)
Discode(ディスコード)
instagram(インスタグラム)
YouTube(ユーチューブ)
出典:JUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式サイト

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)の特徴

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)の特徴は以下のとおりです。

  • ジャンクフードをモチーフにしたキャラクター
  • コラボ、イベント、グッズにも注力
  • コミュニティ全体で活動を拡大
  • NFTコレクションを3種展開(2024年3月時点)

各特徴について解説します。

ジャンクフードをモチーフにしたキャラクター

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、ジャンクフードをモチーフにしたキャラクターと、彼らが活躍するストーリーのあるプロジェクトです。

たとえば、ポテトをモチーフにした「POTATO HEAD(ポテトヘッド)」など多くのジャンクフードがキャラクターとなっています。

キャラクターたちの活躍は、食とストリートの文化が融合する「ファストタウン」を舞台に、漫画やゲームを通じて展開される予定です。

JUNKeeeeSは、魅力的なキャラクターと興味深いストーリーを持ち、今後の展開が期待されるプロジェクトとなっています。

コラボ、イベント、グッズにも注力

https://twitter.com/junkeeees_jpn/status/1760267220176064804

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、コラボやイベント、グッズ展開にも力を入れています。

たとえば、「JUNKeeeeS FES」は、アートと食をテーマにしたイベントを2022年に京都で開催し、2024年は名古屋で開催しました。

ほかには、

  • 神田カレーグランプリとのコラボ「カレーキャラクター選手権」
  • ARメタバース事業「IZUMO」とのパートナーシップ
  • 福岡県朝倉市ふるさと納税

など、多岐にわたる分野で活動しています。

また、今後はキャラクターを活用した公式グッズへの展開も予定中です。

以上の活動を通じて、ジャンキーズはファンとの交流を深めています。

JUNKeeeeSは、コラボやイベントにも力を入れており、今後はグッズ展開も予定中です。

コミュニティ全体で活動を拡大

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、コミュニティ全体で活動を広げているプロジェクトです。

代表兼デザイナーのROKU氏は、JUNKeeeeSの漫画やアニメ、ゲーム化を目指し、多くの人を笑顔にしたいと語っています。

ROKU氏は学生時代からイベントをプロデュースし、後にECアパレル事業やフリーランスとしてデザイナーやカメラマンなどの活動をしてきました。

2022年にJUNKeeeeSのプロジェクトをスタートさせ、地方自治体や企業とのタイアップにも力を入れています。

また、X(Twitter)やDiscord(ディスコード)でコミュニティが作られ、

  • 新キャラ開発
  • マンガ化
  • ゲーム化
  • アニメ化

などに向けてユーザーが参加、協力してプロジェクトを成長させています。

現在(2024年3月時点)ではX(Twitter)で約7,000フォロワー、Discodeで約3,500人が参加するプロジェクトとなりました。

JUNKeeeeSは、ROKU氏を含めてコミュニティ全体で活動を広げ、共に成長していくプロジェクトとなっています。

NFTコレクションを3種展開(2024年3月時点)

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、以下3種類のNFTコレクションを展開しています。

  • JUNKeeeeS(ジャンキーズ)オリジナルNFT
  • JUNK FOOD PARTY -by JUNKeeeeS-(ジャンクフードパーティ)
  • JUNKeeeeS-SHINSEKAI(新世界)

各コレクションを一覧にして紹介します。

コレクション名リリース時期発行枚数特徴
JUNKeeeeS(ジャンキーズ)オリジナルNFT2022年6月22枚・デザイナーによる描き下ろし・VIP待遇の特典
JUNK FOOD PARTY -by JUNKeeeeS-(ジャンクフードパーティ)2022年11月1,111枚・ジェネラティブNFT・ホルダー特典あり
JUNKeeeeS-SHINSEKAI(新世界)2023年6月3,333枚・ジェネラティブNFT・80名を超える多彩なクリエイターとのコラボレーション作品
出典:JUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式サイト

コレクションはすべてイーサリアムチェーンで発行されており、NFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)で取引されています。

過去には、JUNKeeeeSのキャラクターである「ポテトヘッド」が約80万円で落札された例もあり、高く評価されているNFTコレクションです。

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)のNFTを購入する方法

NFTを購入する手順は以下のとおりです。

  1. 仮想通貨ETH(イーサ)を用意
  2. Metamask(メタマスク)に送金
  3. OpenSea(オープンシー)にMetamask(メタマスク)を接続

各手順について解説します。

仮想通貨ETH(イーサ)を用意

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)のNFTを購入するには、仮想通貨ETH(イーサ)が必要です。

仮想通貨ETHは、初心者にもおすすめな取引所の「BitPoint(ビットポイント)」で購入できます。

BitPointの詳しい情報や口座開設方法については「ビットポイント(BITPOINT)の口座開設手順【画像あり】」を参考にしてください。

送金やNFTの取引などに手数料が必要なので、NFTの購入価格よりも多めにETHを用意しておきましょう。

1,500円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

Metamask(メタマスク)に送金

仮想通貨ETH(イーサ)を購入したら、ウォレットアプリのMetamask(メタマスク)に送金しましょう。

Metamask(メタマスク)の詳しい導入方法、利用方法については「MetaMask(メタマスク)とは?メリット・デメリットや始め方・使い方を徹底解説 」を参考にしてください。

OpenSea(オープンシー)にMetamask(メタマスク)を接続

NFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)に移動し、Metamask(メタマスク)を接続します。

詐欺などの被害に遭わないために、JUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式のX(Twitter)Discode(ディスコード)から移動しましょう。

移動したら右上のメニューからウォレットを接続し、好きなNFTを選んで購入できます。

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)の特徴&買い方まとめ

JUNKeeeeS(ジャンキーズ)は、ジャンクフードをテーマにしたNFTを発行している新しいブランドです。

NFTは、ポップでカラフルなキャラクターたちが特徴で、今後マンガやゲームなどによってストーリーが展開予定です。

記事では、JUNKeeeeSのさまざまな特徴と、NFTを購入する方法について詳しく解説しています。

また、NFT購入に必要な仮想通貨ETHは「BitPoint(ビットポイント)」で購入可能です。

画像・データ出典:JUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式サイト

おすすめ取引所!
  • 想定年利10%以上の仮想通貨運用
  • 各種手数料が無料
  • 500円から仮想通貨を買える
  • SBIグループの運営で安心感◎
SBI VCトレードの評判・口コミ
【公式】SBI VCトレード