仮想通貨(暗号資産)のデビットカードとは?日本・海外のおすすめカードを紹介

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

「仮想通貨(暗号資産)のデビットカードって何?」

「おすすめのデビットカードを教えてほしい」

このような疑問を抱えていませんか?

仮想通貨デビットカードは日本円以外の決済方法として有効ですが、イマイチ内容がわからないと感じている方も多いでしょう。

今回の記事では、仮想通貨デビットカードの概要や、日本と海外それぞれのおすすめカードを紹介します。

仮想通貨(暗号資産)のデビットカードとは?

まずデビットカードとは、決済と同時に銀行口座から代金が引き落とされるカードです。

クレジットカードは後から代金が請求されますが、デビットカードは「即時決済」であることが特徴と言えます。

仮想通貨のデビットカードにおいても、基本的な仕組みは同じです。

ただし、引き落とし場所は銀行口座ではなく「取引所のアカウント」や「個人ウォレット」となっています。

仮想通貨(暗号資産)デビットカードの種類・タイプ

仮想通貨のデビットカードには「プリペイド型」と「ウォレット型」の2タイプがあります。

それぞれの詳細を見ていきましょう。

プリペイド型

プリペイド型は、カードにお金をチャージするタイプです。

具体的には、仮想通貨を日本円に両替してからカードにチャージします。

チャージ金額以上のお金は使えないので、無駄遣いを減らせるのがメリットです。

ウォレット型

ウォレット型は、ウォレットから代金が引き落とされるタイプです。

仮想通貨をウォレット内で保有するだけで、決済と同時に代金が引き落とされます。

日本円に両替する必要が無いので、仮想通貨で直接決済したい人におすすめです。

【日本利用】おすすめの仮想通貨(暗号資産)デビットカード

日本国内で利用できるおすすめの仮想通貨デビットカードは「バンドルカード」と「マネパカード」です。

それぞれの概要を解説していきます。

バンドルカード

項目バーチャルカードリアルカードリアルプラスカード
発行手数料無料300円または400円600円または700円
年会費無料無料無料
審査・年齢確認なしなしなし
1回のチャージ上限額3万円3万円10万円
月間のチャージ上限額12万円12万円200万円
残高の上限額10万円10万円100万円
出典:バンドルカード公式サイト

バンドルカードは、Visa加盟店で利用できるプリペイドカードです。

国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)から、ビットコイン限定でチャージすることができます。

バンドルカードの種類は下記の3種類です。

  • バーチャルカード:アプリで使えるネット決済用のデジタルカード
  • リアルカード:全国の実店舗で使えるリアルカード
  • リアルプラスカード:海外の実店舗で使えるリアルカード

バンドルカードにはiOS・Android版のアプリがあり、スマホ1つでカードを発行できます。

仮にカードを紛失した場合はアプリですぐに停止・再開ができるので、安全性も高いです。

ただし、公共料金や保険料、高速道路料金などの支払いには利用できません。

また、一度チャージしたお金は引き出せないので、すべて使い切るようにしましょう。

マネパカード

カードブランドMastercard
入会金無料
年会費2,200円(税込)
チャージ手数料無料
与信審査なし
年齢制限15歳以上75歳未満
1回のチャージ上限額80万円
月間のチャージ上限額200万円
出典:マネパカード公式サイト

マネパカードは、国内取引所のZaif(ザイフ)と提携しているプリペイドカードです。

Zaifのアカウントにある仮想通貨を円に両替することで、チャージが可能になります。

利用可能な場所は、日本を含めたマスターカードの加盟店です。

マネパカードの特徴を下記にまとめました。

  • 日本国内で買い物をすると支払代金の0.5%が還元される
  • 日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルをチャージ可能
  • 購入した商品は50日間の補償が適用される
  • ICチップを搭載しているためセキュリティが高い

仮想通貨でマネパカードにチャージしたい方は、国内取引所のZaifに登録しましょう。

【海外利用】おすすめの仮想通貨(暗号資産)デビットカード

海外利用におすすめの仮想通貨デビットカードは「hi」と「Coinbase Card」です。

それぞれの概要を解説していきます。

hi

カードブランドMastercard
年会費無料
発行手数料無料
購入手数料1~2%
ATM手数料1~2%
1日の利用限度額3,000~10,000ユーロ
月間の利用限度額10,000~30,000ユーロ
出典:hi公式サイト

hiは、マスターカードと共同で開発されたデビットカードです。

ヨーロッパ諸国のマスターカード加盟店で利用でき、仮想通貨および法定通貨での決済に対応しています。

hiの最大の特徴は、カードにNFTをカスタマイズできることです。

Polygon(ポリゴン)との提携により、好きなNFTの画像をカードにデザインできます。

画像出典:hi公式Twitter

なお、hiのデビットカードには6つの会員ランクがあり、ゴールド以上でないとNFTはデザインできません。

  1. ベーシック
  2. ブラック
  3. シルバー
  4. ゴールド
  5. プラチナ
  6. ダイアモンド

ゴールドランクになるためには、仮想通貨「HI」を100,000HI以上ステーキングする必要があります。

Coinbase Card

カードブランドVisa
年会費無料
発行手数料無料
決済手数料無料
ATMの引き出し限度額(1日)$1,000
出典:Coinbase Card公式サイト

Coinbase Cardは、大手海外取引所のCoinbase(コインベース)が発行するデビットカードです。

現状日本では利用できませんが、アメリカを中心とした4,000万以上のVisa加盟店で利用できます。

対応している仮想通貨は下記のとおりです。

  • BTC
  • ETH
  • DAI
  • DOGE
  • XLM
  • AMP
  • ALGO
  • RLY

上記の仮想通貨を口座内で保有すると、自動的に米ドルへ両替されてデビット決済が行われます。

ApplePayやGooglePayなどのモバイル決済にも対応しており、最大4%の還元があるのも特徴です。

仮想通貨(暗号資産)のデビットカードまとめ

今回は、仮想通貨(暗号資産)デビットカードの概要やおすすめカードを紹介しました。

おすすめの仮想通貨デビットカードは、下記の4つです。

  • バンドルカード(日本利用)
  • マネパカード(日本利用)
  • hi(海外利用)
  • Coinbase Card(海外利用)

仮想通貨対応のデビットカードを探している方は、上記4つの利用を検討してみてくださいね。

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。