BitTrade(ビットトレード)の口座開設・登録方法【画像付き】

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

BitTradeは、多種多様な暗号資産を取り扱う取引所です。

各種取引手数料が無料のほか、独自トークン(HT)を取り扱うのも魅力のひとつ。

暗号資産取引を行う人から、幅広い支持を得ています。

本記事では、BitTradeの口座開設方法について画像を用いて説明しました。

BitTrade(ビットトレード)とは

BitTradeは、暗号資産の取扱銘柄の多さや、取引手数料無料などでユーザーから支持を得ている暗号資産取引所です。

2023年4月21日にフォビジャパンから名称変更。以後、ビットトレードという名前で運営しています。

BitTrade
名称BitTrade(ビットトレード)
公式サイトBitTradeの公式HP
取り扱い仮想通貨全39種。
BTC・ETH・XRP
BSV・DEP・ASTR
COT・JASMY・LTC
FLR・HT・ADA
ETC・DOT・IOST
MATIC・XYM・BCH
TRX・XTZ・QTUM
SXP・BOBA・BAT
XLM・XEM・LSK
ONT・ATOM・EOS
DOGE・SHIB・SAND
AXS・MKR・DAI
SOL

※ENJ・OMGは上場廃止
【取引所のみ】
PLT・MONA
手数料販売所:無料
取引所:暗号資産によって異なる*
*独自トークン(HT)による割引あり
設立日2016年9月
運営会社ビットトレード株式会社
登録番号・暗号資産交換業 関東財務局長 第00007号
・第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3295号
BitTradeの特徴

・2円から暗号資産投資を始められる
・全39種類の暗号資産を取り扱っている
・販売所の取引手数料が無料
・独自トークン(HT)による手数料の割引特典あり
・取引所では注文方法が複数選べる(指値、逆指値など)
・金融庁登録済みの暗号資産交換業者

全39種 豊富な暗号資産の取扱い

BitTradeの口座開設はコチラ

なお、ほかのおすすめ暗号資産取引所は、「仮想通貨取引所のおすすめ 29社から厳選して紹介」をあわせてご覧ください。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設・登録手順

はじめに、BitTradeの口座開設手順の全体像を説明します。

  1. 口座開設に必要なものを準備
  2. BitTradeにアクセスして、仮登録を行う
  3. 本人確認手続き
  4. 必要事項の入力
  5. 利用規約の同意
  6. 本人確認
  7. 「本人確認申請受領」のメールが届けば完了

BitTradeの口座開設は、画面に従って手順を踏んでいくだけ。

申し込み後、最短当日から取引開始できます。

①BitTrade(ビットトレード)の口座開設に必要なものを準備

ビットトレードの口座開設に必要なものは2点。

メールアドレス

無料のフリーメールのアドレスで問題ありません。GmailやYahoo!のメールアドレスで申請できます。

取引所から重要なメールが届くことがあるため、普段からよく確認しているメールアドレスがおすすめです。

本人確認書類

下記いずれかの本人確認書類1点が必要です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

運転免許証でもマイナンバーでも、どちらでも好きな方をご準備ください。

ちなみに海外の仮想通貨取引所だと、本人確認書類でマイナンバーカードが採用されることが多いので、持っていない方はいまのうちに発行しておくのがおすすめです。

②BitTrade(ビットトレード)にアクセスして、仮登録を行う

BitTradeにアクセスして、「無料口座開設」ボタンをタップ

メールアドレスとパスワードを設定すると、メールアドレスに認証コードが届きます。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順1

登録画面で認証コードを入力すると、BitTradeの仮登録が完了します。

本人確認手続き

続いて、本人確認手続きを行います。本人確認手続きは、実際に暗号資産取引を始める時に必要です。

仮登録を終わらせると、「本人確認」の画面が表示されるので「進む」をタップ

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順2

本人確認の手段は3パターン。

  • かんたん本人認証
  • 本人認証(ハガキ受取)
  • 法人のお客様

かんたん本人認証は、スマホだけで手続きを終えられます。最短即日での取引も可能。

ハガキ受取の場合、必要な書類を準備して送付する手間がかかります。書類の確認に時間も要するため、スマホがある方は「かんたん本人認証」がオススメです。

かんたん本人認証をタップしたら、必要事項の入力を進めていきます。

④必要事項の入力

名前や生年月日のほか、暗号資産に関する質問の答えを入力します。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順3

必要項目の入力を終えたら、正しく情報が入力されているかをチェック

問題なければ、本人確認書類を使った「本人確認」を進めていきます。

⑤利用規約の同意

本人確認を進めるにあたって、本人認証サービス利用規約の同意を行います。

規約を確認できたら、「同意して次へ進む」をタップ

提出する本人確認書類を選択して、「次へ進む」をタップします。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順4

⑥本人確認

最後に、本人確認書類を使って「本人確認」を行います。スマホと本人確認書類があれば、速攻で終わるので頑張っていきましょう。

本人確認は、画面の指示に従って進めるだけでOKです。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順5

本人確認は、早ければ1~2分で完了します。

これでBitTradeの口座申し込み申請ができました!あとはBitTrade側の審査を待つだけです。

⑦「本人確認申請受領のお知らせ」メールが届けば完了

登録メールアドレスに「本人確認申請受領のお知らせのお知らせ」というメールが届いたら、審査に合格したという証拠。

BitTradeの口座開設が完了しています。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順6

口座登録~審査までに要した時間は約1時間

「最短当日から取引できる」という触れ込み通り、BitTradeはすぐにでも暗号資産取引を始めることができます。

全39種 豊富な暗号資産の取扱い

BitTradeの口座開設はコチラ

BitTrade(ビットトレード)のキャンペーン情報

取引所取引手数料無料キャンペーン

BitTradeは取引所の全通貨ペアで取引手数料が無料になるキャンペーンを実施中。

Bittradeのキャンペーン情報

キャンペーン期間は2024年1月29日(月)~2024年7月31日(水)17:00までです。

こちらのキャンペーンはエントリー無しで、自動で適用されます。

全39種 豊富な暗号資産の取扱い

BitTradeの口座開設はコチラ

よくある質問

BitTradeの口座開設に際して、よくある質問と回答をまとめました。

口座開設の申し込みにはどのくらい時間がかかる?

約10分かかります(2023年7月調べ)。

口座開設申し込みを手順通りに行なって10分かかりました。

ビットトレードの審査にかかる時間は?

約1時間かかります(2023年7月調べ)。

ただ、時期によって審査にかかる時間は変わってくるので、あくまで参考程度に捉えてください。

口座開設してみたはいいけど、何から始めればいいか分からない

口座を開設したあとは、暗号資産を売買してもよし、レンディングを試してもよし、お得なキャンペーンが始まるまで待機してもよしと様々な選択肢があります。

とはいえ、取引所に資金が無ければ何もできないので、まずは「BitTradeに入金」することから始めるのがおすすめです。

自分が気になった暗号資産があれば、実際に投資してみると良いでしょう。

BitTrade(ビットトレード)の使い方

二段階認証

二段階認証は、ログイン時に二段階で認証を踏むことです。セキュリティーを強化できるので、はじめに設定しておきましょう。

BitTradeのスマホアプリにログイン→右上の三本線をタップ。

セキュリティ設定→Google認証で、認証アプリに登録すれば2段階認証の設定が完了します。

日本円を入金

ビットトレード(BitTrade)の日本円入金

入金方法は

  • 振込入金
  • クイック入金
  • コンビニ入金

の3種類あります。

入金が完了したら、暗号資産(仮想通貨)を買ってみましょう!

暗号資産(仮想通貨)の買い方

暗号資産(仮想通貨)は販売所で買うか、取引所で買うかの2パターンがあります。

違いとしては販売所の方が取引所と比べると手数料は高いが初心者にとっては買いやすいという部分です。

販売所での買い方は以下のとおりです。

ビットトレード(BitTrade) 販売所で暗号資産を購入する方法
  1. 『販売所』ボタンをクリック
  2. 『買う』ボタンをクリック
  3. 買いたい金額を入力
  4. 『買う』ボタンをクリック

こんな感じで、販売所だと簡単に購入することができますね。

取引所での買い方は以下のとおりです。

ビットトレード(BitTrade) 取引所で暗号資産を購入する方法

1. 『取引所』ボタンをクリック
2. 『買う』ボタンをクリック
3. 『指値または成行』ボタンをクリック
4. 指値を選択した場合は『注文数量』を記入
5. 『BTCを買う』ボタンをクリック

取引所は株式投資やFXトレードの経験かある方であれば馴染みがある取引方法と思います。

販売所と比べると手数料が安く購入できますので、取引所での購入をおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)の出金

暗号資産(仮想通貨)の出金は2パターンあります。

①暗号資産(仮想通貨)を日本円に変換し、取引所から日本円を出金する

まずは暗号資産を日本円に変えましょう。

日本円に変えるとはどういうことかというと、暗号資産を売るということです。

なので、上記で解説した入金方法の『買う』ボタンを『売る』ボタンに選択することで、日本円にすることができます。

日本円の出金申請方法は以下のとおりです。

ビットトレード(BitTrade) 取引所で暗号資産を購入する方法

1. 出金したい金額を入力
2. 出金先を入力
3. 『日本円を出金する』ボタンをクリック

出金時間は銀行営業日の9時までに出金申請をすると、200万円以内であれば当日中に振り込まれます。

詳しい出金日程は以下の表から確認してください。

出金金額
200万円未満200万円以上1000万円未満1000万円以上
出金申請日時営業日の9時まで当日中翌営業日翌々営業日
営業日の9時以降翌営業日翌々営業日3営業日

②暗号資産(仮想通貨)を他の取引所もしくはウォレットに出金する

暗号資産の出金申請方法は以下の通りです。

ビットトレード(BitTrade) 暗号資産の出金方法

1. 出金先のアドレスを入力
2. 出金先の取引所もしくはウォレットを選択
3. アドレス所有者の氏名を入力
4. 出金数量を記入
5. 送付依頼人(あなた)の最新の登録内容であればチェックをいれる
6. 『確認』ボタンをクリック

暗号資産の出金の手続きを行うときは、とても注意をはらいながら行うことを徹底しましょう。

たとえば、出金先のアドレスを一文字間違えて入力し出金ボタンを押すとどうなるでしょう?

「アドレスを間違えているので出金できませんでした」

とはならず、出金します。

要するに、出金するときに出金先のアドレスを一文字でも間違えて入力したりするとお金は消えて無くなります。(※この誤送金でお金を失ってしまうことをGOX(ゴックス)と呼びます。)

ですので、暗号資産を出金するときの注意点として

・出金先のアドレスは必ずコピペする
・少ない金額でちゃんと着金するか確認する

という2点を必ず確認することであなたの大事な投資金をなくすリスクは減ります。

筆者も初めて暗号資産投資を始めたころから、この2点を必ず行っているので未だにGOX(ゴックス)はしたことありません。

BitTrade(ビットトレード)の口座開設まとめ

本記事では、BitTrade(ビットトレード)の口座開設方法を紹介しました。

BitTradeは暗号資産の取扱数が多く、多用な売買方法が使える取引所です。独自トークンである「HT」があることで、他の取引所とは異なるトレードが行えるのも魅力のひとつ。

BitTradeでは取引所形式の売買も行えるため、暗号資産をどんどんトレードしたい人にとってもおすすめできる取引所と言えるでしょう。

全39種 豊富な暗号資産の取扱い

BitTradeの口座開設はコチラ