Bitget Walletの5つの特徴!使い方やMetaMaskとの違いを解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

Bitget Walletは、海外取引所Bitgetが提供している多機能ウォレットです。 

Bitgetの口座がなくても手軽に使え、世界で2,000万人以上に利用されています。

マーケットプレイスやステーキングなどの機能をウォレット内で完結できるため、従来のウォレットより仮想通貨やNFT取引がスムーズになりました。

しかし、具体的にほかのウォレットとどう違うのか気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、Bitget Walletの特徴やMetaMaskとの違いについて解説します。

作成手順や使い方も紹介するので、Bitget Walletを活用して仮想通貨やNFTで利益を狙いたい方は、最後まで読んでみてください。

Bitget Walletは日本人も使える仮想通貨ウォレット

機能DAppsスワップステーキングローンチパッドマーケットプレイス など
日本語対応あり
リリース2018年5月
ユーザー数2,000万人以上
ネットワーク数100以上
対応国168ヶ国以上
仮想通貨の種類25万種類以上
公式サイトBitget Wallet 
SNSXTelegramDiscord
2024年6月13日

Bitget Walletは日本人も使えるデジタルウォレットです。

以前の名称は「BitKeep」でしたが、Bitgetによる資金調達をきっかけに改名されました。

最大の特徴は、送金や決済以外の機能が豊富であることです。

たとえば独自のマーケットプレイスでNFTを取引したり、スワップ機能でスムーズに通貨を交換したり、ウォレット内で仮想通貨やNFTの取引を完結させられます。

2024年6月上旬に行われたプレセール(事前販売)では、上場による値上がりや将来性が期待され、多くの投資家が使い始めました。

Bitget Walletの5つの特徴

Bitget Walletの特徴は、主に以下の5つです。

  • 豊富な機能を持つウォレット
  • 独自トークンBWBが取引所に上場
  • 1,000を超えるプロジェクトとの提携
  • 3億ドルの保護基金でユーザーをサポート
  • インスタントスワップで通貨交換がスムーズ

豊富な機能を持つウォレット

Bitget Walletの最大の特徴は、豊富な機能があることです。

主な機能を、下表にまとめました。

機能内容
決済・送金100以上のブロックチェーンで、25万種類以上の仮想通貨の送金や受取ができる
スワップ異なる通貨を交換する(例:Bitcoin→Ethereum)
ステーキング仮想通貨を預けて利益を得る
ローンチパッド・エアドロップ新しく作られた仮想通貨を無料で受け取る
DAppsブロックチェーンを使って新たなアプリを開発する
マーケットプレイス独自のマーケットプレイスでNFTを取引する

ウォレット内で取引が完結するため、仮想通貨やNFTの管理がシンプルになります。

ほかのウォレットやサービスと紐づける手間がかからないので、Bitget Walletを使えば取引のタイミングを逃しません。

独自トークンBWBが取引所に上場

シンボルBWB
発行日2024年6月6日
価格63.36円
購入できる取引所BitgetUniswapJupiter
発行上限10億枚
チェーンマルチチェーン
2024年6月13日

Bitget Walletユーザーが独自トークンBWBを持っていると、以下のメリットがあります。

  • 取引手数料の割引
  • エアドロップで通貨を獲得
  • コミュニティの方針に関する投票

また取引所Bitgetが発行している独自トークンBGBは、上場してから大きく値上がりしています。

BWBも同じように値上がりするのではと期待されているので、BWBを持っておけば保有者特典と値上がりの両方で利益を狙えるかもしれません。

1,000を超えるプロジェクトとの提携

Bitget Walletはセキュリティ対策や機能の豊富さが認められ、1,000を超える企業やプロジェクトと提携しています。

2024年6月時点で、提携しているプロジェクトの一部は以下のとおりです。

  • Solana
  • Polygon
  • Binance
  • OpenSea など

なかでもSolanaチェーンでは、Bitget Walletを使うと手数料が安くなるサービスが導入されています。

多くのプロジェクトとの提携により、Bitget Walletは今後さらに使いやすくなるでしょう。

3億ドルの保護基金でユーザーをサポート

Bitget Walletはユーザーの資産を守るために、3億ドルの保護基金を用意しています。

ハッキングなどの被害を受けても、ユーザーの資産はできる限り補償されるでしょう。

また保護基金だけでなく、Bitget Walletは以下の対策によって高いセキュリティが維持されています。

  • 6社のセキュリティ企業と提携
  • ユーザー自身がパスワードを管理
  • 定期的なプラットフォームの監査
  • フィッシングサイトへのアクセスを制限
  • セキュリティに関する最新ニュースを提供

補償制度とセキュリティ対策が充実しているため、Bitget Walletを使えば安全に資産を管理したうえで、取引に専念できるでしょう。

インスタントスワップで通貨交換がスムーズ

Bitget Walletには、従来の2倍の速さでスワップ(通貨交換)ができる「インスタントスワップ」という機能があります。

たとえば新しい仮想通貨がリリースされると買い注文が増えやすいので、注文してもなかなか取引が確定しません。

そこでインスタントスワップを活用すれば、スピーディーに通貨交換ができるので、安い価格でも通貨を入手しやすいです。

ガス代(取引手数料)を抑え、パスワード入力なしでもスワップできる機能もあるので、Bitget Walletを活用すれば効率よく仮想通貨で利益を狙えます。

Bitget WalletとMetaMaskの違い

MetaMaskは仮想通貨ウォレットの中でもトップクラスの人気があり、3,000万人以上のユーザーが積極的に利用しています。

プラットフォームやNFTゲームとの連携に優れ、スワップのしやすさやセキュリティ対策も高く評価されているポイントです。

ユーザー数はMetaMaskの方が多いですが、機能はBitget Walletの方が豊富です。

  • 送金
  • 取引
  • スワップ
  • ステーキング
  • エアドロップ
  • 独自のマーケットプレイス など

加えて、3億ドルの保護基金と業界トップクラスのセキュリティ対策により、ユーザーは安心して資産を預けられます。

新しい仮想通貨やNFTの取引にチャレンジしたいときは、Bitget Walletを活用することでタイミングを逃さずに取引できるでしょう。

Bitget Walletの作成手順

Bitget Walletの作成手順は、以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロード
  2. 作成するウォレットを選択
  3. Pinコードを設定
  4. バックアップを作成

1.アプリをダウンロード

Bitget Walletには専用のスマホアプリがあります。

iOSとアンドロイドに対応しているので、こちらからアプリをダウンロードし、ウォレットを作成しましょう。

Google Chromeの拡張機能でもウォレットを作れるので、PCを使っているときはこちらからダウンロードしてみてください。

2.作成するウォレットを選択

アプリを起動したら「ウォレットの作成」をタップします。

Bitget_Wallet_1

規約に「同意する」をタップしましょう。

Bitget_Wallet_2

次に、作成するウォレットを選ぶ画面で「ニーモニックウォレット」を選択します。

キーレスウォレットは簡単に作れますが、セキュリティが低めです。

資産を安全に管理するために、ニーモニックウォレットを選びましょう。

Bitget_Wallet_3

3.Pinコードを設定

取引を安全に行うため、Pinコード(パスワード)を設定します。

Pinコードを忘れるとウォレットが使えなくなるので、必ずメモをしておきましょう。

Bitget_Wallet_4

確認のため、設定したPinコードを再入力したら、Bitget Walletの作成は完了です。

Bitget_Wallet_5

4.バックアップを作成

ウォレットを作ったら、PCやタブレットなどのほかのデバイスでも利用できるように、バックアップを作成します。

ホーム画面上部の「マイ・ウォレット」をタップし、ウォレットの変更で「No backup」をタップしましょう。

Bitget_Wallet_6

注意事項を確認し、次に進みます。

Bitget_Wallet_7

設定したPinコードを入力しましょう。

Bitget_Wallet_8

12個の単語で作られた、ニーモニックコードが表示されます。

忘れるとウォレットを復元できないので、順番も合わせて必ずメモをしましょう。

Bitget_Wallet_9

次に画面の表示に従って、ニーモニックコードの単語を選択します。

順番にタップしたら「承認」に進みましょう。

Bitget_Wallet_10

以上で、Bitget Walletの作成と初期設定は完了です。

Bitget Walletの使い方

Bitget Walletのスマホアプリの使い方について、以下の3つを解説します。

  • 入金
  • 出金
  • スワップ

入金

Bitget Walletに入金する方法を解説します。

ホーム画面の「受取」をタップしましょう。

Bitget_Wallet_11

次に、Bitget Walletに入金する仮想通貨を選択します。

上部の検索窓に通貨名を入力すると、スムーズに通貨を見つけられるでしょう。

今回はBitcoin(BTC)を選択します。

Bitget_Wallet_12

Bitget Walletのウォレットアドレスが表示されます。

下記のどちらかでウォレットアドレスを認証し、取引所やほかのウォレットから送金を行ってください。

①QRコードで認証

②ウォレットアドレスをコピーして認証

Bitget_Wallet_13

送金元(取引所やほかのウォレット)での操作が完了したら、Bitget Walletへの入金は完了です。

ホーム画面のウォレット残高に、入金額が反映されているかチェックしましょう。

Bitget_Wallet_14

出金

Bitget Walletからアプリで出金する手順を解説します。

ホーム画面の「送金」をタップしましょう。

Bitget_Wallet_15

Bitget Walletから送金する仮想通貨と、利用するネットワークを選びます。

上部の検索窓に通貨名を入力すれば、スムーズに通貨が見つかるでしょう。

今回は、Bitcoin(BTC)を選択します。

Bitget_Wallet_16

下記の2つを入力して、画面下部の「承認」をタップしましょう。

①送金先の受け取りアドレス

②送金額

Bitget_Wallet_17

Pinコードなどの入力が求められる可能性があるので、指示に従って操作を行います。

以上で、Bitget Walletでの送金操作は完了です。

送金先の取引所やウォレットに、送金額が反映されているかチェックしましょう。

スワップ

アプリでスワップ(通貨交換)を行う手順を解説します。

ホーム画面下部の「取引」をタップします。

Bitget_Wallet_18

以下のようにスワップしたい通貨を選び、ガス代を確認してから「スワップ」をタップしましょう。

①売る:スワップ元の通貨を選択

②買う:スワップ先の通貨と金額を選択

Bitget_Wallet_19

Pinコードを入力したら、スワップが行われます。

Bitget_Wallet_20

「注文されました」の画面が表示されたら、Bitget Walletでのスワップは完了です。

Bitget Walletの招待コード

Bitget Walletの招待コードは、以下のとおりです。

35KJRz

こちらからBitget Walletに登録し、上記のコードを入力すると、ガス代に使える5ドル相当の仮想通貨がもらえます。

Bitget Walletに登録したあとでも招待コードを登録できるので、次の手順に従って手続きを進めましょう。

ホーム画面の「Earn」か「Welcome Tasks」のどちらかをタップします。

Bitget_Wallet_21

収益センターで「Invite2Get」をタップしましょう。

Bitget_Wallet_21

招待コードの入力画面が表示されるので「35KJRz」を入力し、確認をタップします。

Bitget_Wallet_22

以上で、招待コードの登録は完了です。

Bitget Walletの使い方まとめ

本記事では、Bitget Walletについて詳しく解説しました。 

Bitget Walletには独自のマーケットプレイスやスワップなどの機能が豊富で、スムーズに仮想通貨やNFTの取引ができます。

ウォレット内で取引を完結できるので、MetaMaskより使いやすいと感じる方も多いでしょう。

また独自トークンのBWBを持っていると、手数料の割引やエアドロップなどの特典があるので、お得にBitget Walletを活用できます。

BWBは、海外取引所Bitgetで購入が可能です。

新しい通貨やNFTなどのさまざまな取引にチャレンジしたいときは、こちらの記事を参考にBitgetでBWBを買い、Bitget Walletで効率よく利益を狙いましょう。

Bitgetの招待コードを紹介!特典の受け取り方も解説

1,000USDT相当のクーポンが即時で貰える

Bitgetの口座開設はこちらから