【DEX】PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴・機能・将来性・使い方を徹底解説

ここ最近、大きな盛り上がりを見せている仮想通貨市場ですが、Binance(バイナンス)をはじめとした中央集権的な取引所ではなく、DEXと呼ばれる分散型取引所の利用者数も増加しています。

そんなDEXの中でも、大きな人気を獲得しているのがPancakeSwap(パンケーキスワップ)と呼ばれる分散型取引所です。

この記事では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の概要や特徴、使い方などについて初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。

また、PancakeSwapで利用できる機能・サービスや、将来性・今後の予想なども解説していくので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、2020年9月にサービスが開始されたDEX(Decentralized Exchanges)と呼ばれる分散型取引所です。

分散型取引所とは、Binanceをはじめとした従来の仮想通貨取引所のように中央集権的な管理者がいない暗号資産取引所となっており、ブロックチェーンのスマートコントラクトという技術を利用して運営されています。

PancakeSwapは数あるDEXの中でも非常に人気が高く、世界で最も利用されている分散型取引所の一つと言えるでしょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組みや特徴

ここでは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組みや特徴をご紹介していきます。

  1. 中央集権的な管理者がいない分散型取引所(DEX)
  2. BNB(バイナンス)チェーン上で構築されているのでガス代が安い
  3. 様々なマイナーな仮想通貨(草コイン)を購入できる

上記の3つの特徴・仕組みについて、順番に詳しく確認していきましょう。

中央集権的な管理者がいない分散型取引所(DEX)

先ほどもご紹介したように、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは中央集権的な管理者がいない分散型取引所(DEX)の一つです。

取引所の管理者がいないとうまく運営されないように思えますが、PancakeSwapをはじめとしたDEXでは、ある一定の条件下で取引が成立するスマートコントラクトというテクノロジーを使用しており、管理者がいなくとも正常に運営がなされるような仕組みを採用しています。

また、ユーザー同士の通貨交換には「流動性プール」というものを使用しており、このプールを利用したトークン交換の仕組みはAMM(自動マーケットメーカー)と呼ばれています。

BNB(バイナンス)チェーン上で構築されているのでガス代が安い

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴として、BNB(バイナンス)チェーン上で構築されていることも挙げられます。

BNB(バイナンス)チェーンは数あるブロックチェーンの中でもガス代(手数料)が安い特徴があるので、取引時に発生するガス代を抑えて利用することが可能です。

イーサリアム上で構築されているUniswap(ユニスワップ)なども非常に有名なDEXですが、これらの取引所よりも費用を抑えながら利用できるのはPancakeSwapの大きなメリットと言えるでしょう。

様々なマイナーな仮想通貨(草コイン)を購入できる

PancakeSwapでは、一般的な取引所では購入できないようなマイナーな仮想通貨(草コイン)を購入することもできます。

中には非常に時価総額が低く、マイナーな仮想通貨もラインナップされているので、少額の投資で大きなリターンを狙うことも可能でしょう。

しかし、中には運営の実態がない詐欺コインが含まれていることもあるので、あまりにもマイナーな仮想通貨を取引する際は事前に調査を行うなど、注意が必要です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能・サービス

ここでは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で利用できる機能やサービスを確認していきましょう。

・仮想通貨のスワップ

・イールドファーミング(流動性マイニング)

・ステーキング

・NFTマーケットプレイス

上記のように、PancakeSwap(パンケーキスワップ)では仮想通貨の取引以外にも様々な機能を提供しています。

特に取引に流動性を与えるイールドファーミングを利用すれば、PancakeSwapが発行する独自トークンのCAKEという仮想通貨を獲得することができるので、非常に高い利回りで資産運用することが可能です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性・予想

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性・今後の予想としては、以下を挙げることができます。

・他のDEX(分散型取引所)からのユーザー獲得

・DEX(分散型取引所)の需要の増加によって利用者数が増える

・新しい機能が追加される

特に今後は中央集権的な取引所(CEX)よりも、DEXの需要が大きく増加するとの予想もあり、PancakeSwapにとって利用者を拡大するための追い風になる可能性は十分に考えられます。

いずれにせよ、今後もさらに仮想通貨の需要が拡大することで、PancakeSwapの将来性は明るくなると言えるのではないでしょうか?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方

ここでは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法を解説していきます。

まずは、PancakeSwapの公式サイトにアクセスし、「Trade」→「Swap」の順番にクリックしましょう。

画面が切り替わったら、スワップしたい仮想通貨を選択し、数量を入力して「Swap」をクリックします。

最後にスワップする内容が表示されるので、確認して問題なければ「Comfirm Swap」をクリックしましょう。

自動的にMetaMaskの画面が立ち上がるので、取引を承認すれば仮想通貨のスワップが完了します。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のQ&A

最後に、PancakeSwap(パンケーキスワップ)に関するよくある質問をご紹介していきます。

まだ、PancakeSwapに関する疑問・質問がある方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のガス代はどの仮想通貨で支払いますか?

ここまででも解説したように、PancakeSwap(パンケーキスワップ)はBNBチェーン上で開発されているDEXなので、ガス代はBNB(バイナンスコイン)で支払う必要があります。

PancakeSwapを利用する際は少額でも問題ないので、あらかじめウォレットの中にBNBを準備するようにしておきましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は日本語にも対応していますか?

PancakeSwapは、英語などの言語だけでなく日本語にも対応しています。

PancakeSwapの画面右上から、言語を日本語に変更することができるので、英語に自信がない方は設定を変更しておくのがおすすめです。

現状、日本語に対応しているDEXは非常に少ないので、日本人にも利用しやすいこともPancakeSwapのメリットと言えますね。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で利用できる暗号資産ウォレットには何がありますか?

2022年7月現在、PancakeSwap(パンケーキスワップ)では以下の暗号資産ウォレットに対応しています。

・MetaMask

・Binance Wallet

・Coinbase Wallet

・Trust Wallet

・Opera Wallet

・MathWallet

・TokenPocket

・SafePal

・Coin98

・Blocto

上記のように、PancakeSwapではMetaMaskなどの主要なウォレット以外にも、様々な種類のウォレットに対応しています。

DEX(分散型取引所)の中には対応する暗号資産ウォレットの数が少ないサービスもあるので、その点はPancakeSwapのメリットの一つと言えるでしょう。