trivia.tech(トリビアテック)とは?特徴・評判を解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

trivia.tech(トリビアテック)は、ブロックチェーンを活用した、マルチプレイ型のWeb3クイズゲームです。

株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)が提供する注目のクイズゲームですが、具体的にどのようなゲームなのでしょうか。

今回は、trivia.techの基本的な特徴を解説し、ユーザーによる生の声を紹介します。

trivia.techについて深く理解し、どのようなゲームなのか明確に把握できるでしょう。

興味のある方は、ぜひ続きをご覧ください。

おすすめ取引所!
  • お得なキャンペーンを多数開催
  • 各種手数料が無料
  • ニッチ〜メジャーまで幅広い仮想通貨ラインナップ
  • SBIグループの運営で安心感◎
BITPOINTの詳細はこちら

\1,500円相当の仮想通貨が貰える!/

BITPOINTで口座開設してみる

この記事のポイント

  • 株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)が提供する、マルチプレイ型のWeb3クイズゲーム
  • PWA採用でインストールなしでもスマートフォン向けアプリのような操作感
  • レイヤー2ブロックチェーンのBaseを採用
  • ゲームの楽しさ、知識の習得、収益化の可能性などが評価され好評

trivia.tech(トリビアテック)とは?

trivia.tech(トリビアテック)は、株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)が提供する、マルチプレイWeb3クイズゲームです。

ゲーム内容は、AからZまでの26問に対する早押しクイズとなっています。

参加者の中で1番早く正解した人がアルファベットに対応したNFTを手に入れられ、26種類のNFTをすべて集めるのがゲームの目標です。

第1シーズンは2024年2月29日を予定していましたが、ゲームをクリアしたユーザー数が上限の100人に達したため、参加受付は終了しています(2024年1月30日時点)。

サービス名trivia.tech(トリビアテック)
提供元株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)
提供期間第1シーズンは2024年1月15日~2024年2月29日まで
またはゲームクリアが100人の時点で終了
ブロックチェーンBase(ベース)
対応OSiOS、Android
対応ブラウザiOS:Safari(サファリ)
Android:Chrome(クローム)
プレイ料金無料
対応ウォレットMetamask(メタマスク)
Coinbase Wallet(コインベースウォレット)
など
出典:DeNA公式サイト マルチプレイ早押しWeb3クイズゲーム「trivia.tech」提供開始

trivia.tech(トリビアテック)の特徴

trivia.tech(トリビアテック)の特徴は以下の3つです。

  • 複数人で遊べる早押しクイズゲーム
  • PWAを活用したモバイルWebアプリ
  • Ethereum(イーサリアム)のレイヤー2ブロックチェーンBase(ベース)を活用

複数人で遊べる早押しクイズゲーム

trivia.tech(トリビアテック)は、マルチプレイヤー型の早押しクイズゲームです。

サービスは無料となっており、ゲームを通して楽しくWeb3の世界を学べます。

Web3の知識を問う26問のクイズで構成されており、60秒以内に正解を競うクイズゲームです。

クイズ内容は、以下の著名なWeb3プロジェクトがバックアップしています。

  • Astar Network(アスターネットワーク)
  • Intmax(イントマックス)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Worldcoin(ワールドコイン)

以上により、プレイヤーは実際のWeb3業界の動向を学びながらゲームを楽しめます。

プレイヤーが選択肢から正解を選び、最初に正解したプレイヤーがアルファベットに対応するNFTを獲得可能です。

各アルファベットに対して最大500枚までのNFTが発行され、26種類のNFTをすべて集めるのが目標となっています。

trivia.techは、ほかのプレイヤーと競い合い、楽しみながらWeb3の世界について学べるクイズゲームです。

PWAを活用したモバイルWebアプリ

trivia.tech(トリビアテック)はPWAを採用したモバイルWebアプリです。

PWA(Progressive Web Apps)は、スマートフォン向けのアプリのように動作するモバイルWebアプリ技術を指します。

インストール不要でスマートフォンのWebブラウザから利用可能です。

オフラインでも動作するので、ユーザーはどこでも簡単にアクセスできます

ほかにも、デバイスのストレージを節約し、アプリの高速起動も可能です。

trivia.techはPWA採用により、利便性と効率性に優れたモバイルWebアプリとなっています。

Webブラウザ上でも、スマートフォン向けのアプリに近い操作体験が可能です。

Ethereum(イーサリアム)のレイヤー2ブロックチェーンBase(ベース)を活用

trivia.tech(トリビアテック)は、ブロックチェーンのBase(ベース)を活用し、高速かつ低コストでゲームを提供します。

Baseは、Ethereumのスケーリング問題に対処するために開発されたレイヤー2ブロックチェーンです。

スケーリング問題とは、取引の処理速度が遅くなり手数料が高額になる問題を指します。

Ethereumチェーンで実行される処理をBaseがサポートするので、トランザクションの処理速度が向上し、手数料を削減可能です。

Baseは仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)が開発し、100を超えるdAppsが既に作成されています。

100万人の開発者と10億人のユーザーを仮想通貨市場に呼び込むのを目標とするブロックチェーンです。

trivia.techがブロックチェーンを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • ブロックチェーン上で公開された仕組みによって、公平にクイズをプレイできる
  • 100人のプレイヤーがゲームをクリアすると、スマートコントラクトが自動的にゲームを終了させる
  • プレイヤーがどのタイミングでプレイするか確認できる

trivia.techは、Ethereumのレイヤー2ブロックチェーンBaseを活用し、プレイヤーに公平で透明かつ高速で低コストなゲーム体験を提供します。

trivia.tech(トリビアテック)の評判・口コミ

trivia.tech(トリビアテック)は、ユーザーからの評判が高く、ユニークなゲーム性とブロックチェーン技術の活用が注目されています。

X(Twitter)では、以下の投稿が見つかりました。

  • trivia.tech(トリビアテック)のポテンシャルと丁寧な対応
  • Learn to Earnに繋げられるプロダクト
  • 収益化の可能性
  • 楽しみながら知識を得られる
  • 視認性向上の提案

X(Twitter)上でのユーザーの声を通じて、trivia.tech(トリビアテック)がどのように受け入れられているか見てみましょう。

trivia.tech(トリビアテック)のポテンシャルと丁寧な対応

  • trivia.tech(トリビアテック)のポテンシャル
  • 迅速かつ丁寧な対応
  • ゲームを通じて楽しみながら学べる

以上が高く評価されています。

Learn to Earnに繋げられるプロダクト

trivia.tech(トリビアテック)は学びながら収益を得られる「Learn to earn」に繋げられるプロダクトとして評価されています。

収益化の可能性

商品や仮想通貨を提供する提携プロジェクトとの連携により、収益化の可能性も見出しているようです。

楽しみながら知識を得られる

単純明快なルールながら内容は難しく、知識を得ながら楽しめると評価されています。

普段ゲームをしないユーザーでも楽しめたようです。

視認性向上の提案

trivia.tech(トリビアテック)は戦略を考えて遊ぶのが楽しいと評価されています。

一方で、視認性の向上を要望する意見も見受けられました。

trivia.tech(トリビアテック)の特徴・評判まとめ

trivia.tech(トリビアテック)は、ブロックチェーン技術を活用したマルチプレイのWeb3クイズゲームです。

早押しクイズで競い合い、アルファベットに対応した26種類のNFTをすべて集めるのが目標となっています。

レイヤー2ブロックチェーンであるBase(ベース)を採用し、公平で透明、かつ高速で低コストなゲーム体験が可能です。

また、PWAを採用したモバイルWebアプリなので、インストールなしでスマートフォン向けのアプリのように操作できます。

ゲームの楽しさ、知識の習得、収益化の可能性などが評価され、ユーザーの反応は非常にポジティブです。

trivia.tech(トリビアテック)は、ブロックチェーンとPWAを採用した革新的なアプリで、ユーザーからも好評なクイズゲームとして注目されています。

画像・データ出典:trivia.tech(トリビアテック)公式サイト

おすすめ取引所!
  • お得なキャンペーンを多数開催
  • 各種手数料が無料
  • ニッチ〜メジャーまで幅広い仮想通貨ラインナップ
  • SBIグループの運営で安心感◎
BITPOINTの詳細はこちら

\1,500円相当の仮想通貨が貰える!/

BITPOINTで口座開設してみる