プロジェクトゼノ(PROJECT XENO)とは?始め方・稼ぎ方を徹底解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は、スマホで遊べるNFTカードゲーム。プレイヤー同士の高度な心理戦が楽しめます。

最大の特徴は、ゲームを遊べば仮想通貨が稼げるGamefiの要素を持っていること。

Youtuberのヒカルが宣伝大使を務めており、CM放映もされました。

本記事では、PROJECT XENOの始め方やゲーム内で仮想通貨を稼ぐやり方・手順について解説します。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは

PROJECT XENOはスマホでプレイ可能なNFTカードゲームです

対人戦であるプロジェクトゼノは、バトルに勝利すると仮想通貨を得られます

NFTと呼ばれるキャラクターデータやアイテムは売買が可能で、ゲームプレイを通じて稼げるようになっています。

出典:PROJECT XENO
NFTゲーム名PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)
運営会社EPOCH FACTORY
ローンチ日2023年5月10日
ブロックチェーンバイナンススマートチェーン,イーサリアムチェーン,ポリゴンチェーン
ゲームジャンル対人型ゲーム
対応デバイスPC・スマートフォン
使用トークン(仮想通貨)GXE,UXE
アプリストアPROJECT XENO
各種SNSTwitter
Facebook
Discord
Telegram
データ出典:PROJECT XENO

PROJECT XENOは、無料でプレイ可能

ゲームがリリースされたのは2023年5月と新しめなので、早いうちからプレイを始めておけば先行者利益が得られるかも知れません。

なお、PROJECT XENOで使用する「仮想通貨GXE」については、別記事にて詳しく解説をしています。

▼ゲームのダウンロードはこちら

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) 3つの稼ぎ方

PROJECT XENOで稼ぐ方法は3つ。

  1. バトルで勝利して仮想通貨を稼ぐ
  2. NFTを売却して仮想通貨を稼ぐ
  3. 仮想通貨GXEを売却して稼ぐ

バトルで勝利して稼ぐ

PROJECT XENOはプレイヤー同士のバトルで勝利すると、トークンやNFTを獲得できます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のプレイ画面
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のプレイ画面

バトルで勝った報酬でたまに貰える「Uコイン」は、仮想通貨と交換可能

「Uコイン→UXE→仮想通貨に換金」というルートを辿れば、ゲームプレイで利益を得られます。

アリーナバトルで獲得できる報酬は以下の通り。

  • Uコイン
  • スキルカード
  • ゴールド
  • NFTキャラクター
  • NFTチャーム
  • NFTの武器

ちなみに、「結局バトルで勝たないと仮想通貨を得られないんでしょ?」と思いの方のためにお伝えしておくと、無課金ユーザーでもバトルに勝利することは可能です。

Mediverse編集部でもプレイしてみたところ、最初に貰えるキャラクター・スキルカードでも勝利を収められました!

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のプレイ画面
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のプレイ画面

PROJET XENOのバトルは戦略と戦術が重視されており、バトルで勝利すればキャラクターを強化するアイテムやスキルカードが貰えます。

地道にプレイをしていけば強くなれるゲームです。

NFTを売却して稼ぐ

アリーナバトルで獲得したNFTは、マーケットプレイスで売却できます。

ゲームのキャラクター以外にもアリーナバトルで獲得するチャームや武器も売却可能です。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)マーケットプレイス
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)マーケットプレイス

NFTキャラクターの中には、485万円で出品されているものも…!(2023年6月9日時点)

NFTの値段は、需要と供給によって変動します。

最も良い価格で売買ができるように、マーケットプレイスの価格はこまめに確認しておきましょう。

仮想通貨GXEを売却して稼ぐ

PROJECT XENOをプレイする中で「GXE」というトークンを獲得することがあります。

GXEは日本の取引所に上場しています。つまり、GXEは日本円との交換が可能です。

PROJECT XENO公式

GXEは日本国内の取引所だと「BITPOINT」にのみ上場しています。

BITPOINTはプロジェクトゼノとコラボを行うことがあります。

過去、ログインするだけでGXEが貰えるキャンペーン、年利100%のGXEレンディングなどが行われました。

もしPROJECT XENOを始めるなら、BITPOINTも併せて登録しておくのがおすすめです。

2,000円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

なお、仮想通貨が稼げるほかのNFTゲームは「NFTゲームのおすすめランキング25選」でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

ROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方

PROJECT XENOは5STEPで始められます。

  1. アプリを無料ダウンロード(iPhoneAndroid)
  2. 利用規約・プライバシーポリシーに同意する
  3. ゲームのチュートリアル受ける
  4. ゲームデータのダウンロード(Wifi環境を推奨)
  5. ダウンロードが完了したらプレイ可能

1.アプリをダウンロードしてゲーム画面に進む

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方手順1

2.利用規約・プライバシーポリシーに同意する

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方手順2

3.ゲームのチュートリアルを受ける

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方手順3

この時点でバトルをよく理解できなくても問題なし。後ほどバトルは練習できるので、チュートリアルをサクッと進めていきましょう。

4.ゲームデータをダウンロード(Wifi環境推奨)

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方手順4

5.ダウンロードが完了したらゲームをプレイできます

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方手順5

ゲーム画面中央のアイコンから「アリーナ→バトル」を選択すると対人戦。

「訓練場→バトル」だと、コンピューター相手にバトルの練習が行なえます。バトルに慣れないうちは、訓練場で練習を積んでおくと良いでしょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のキャンペーン情報

新クラス「MONK」登場記念 NFTセール

2024年7月11日から、PROJECTXENOに新クラス「MONK」が登場。

その誕生を記念した特別ガチャがリリースされます。

PROJECTXENOのキャンペーン情報

新しく登場したクラス「MONK」は自身の「気功」を高めて力で敵を「圧倒」する新クラスです。

モンク特別ガチャの利用期間は「7/11(木)20:00~8/18(日)18:59」まで。

セールの詳細は公式HPから確認してみてください。

なおゲーム内で使うトークン「GXE」は国内取引所のビットポイントに上場しています

過去にはコラボキャンペーンを実施したこともあるので、プロジェクトゼノをプレイしている方は口座を持っておくといいかもしれません。

2,000円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

大学生最強XENOプレイヤーは誰だ?大会賞金330万円規模のUniversity Championship開催決定

大学生最強のXENOプレイヤーを決める大会「Univercity Championship(ユニチャン)」が開催されます。

大会賞金は総額330万円

2024年7月2日~エントリー受付を開始。12月の決勝大会までに予選会が行われます。

また大会の開催を記念して、7月2日15時以降にログインしたプレイヤー全員にミッションガチャチケット100枚プレゼントされます。

大会の詳細については公式HPを参照ください。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のNFTを買う方法

NFTのXENOを買う手順は以下の通り。

  1. マーケットプレイスにアクセスして「マーケットマネー」を用意する
  2. 欲しいXENOを選択
  3. NFTが付いたXENOを購入

プロジェクトゼノでXENOを購入するために、まずは「マーケットマネー(M)」を用意します。

マーケットマネーは、公式のマーケットプレイスから購入する必要があります。マーケットプレイスに会員登録(無料)したあと、「マイページ」にアクセス

プロジェクトゼノのNFTを購入する手順1

※アプリ内からマーケットプレイスにはアクセスできないので、ブラウザを開いてURLにアクセスするか、PCで作業を行うようにしましょう。

続いて、「Market Money」の購入をクリック

MarketMoneyは「クレジットカード」「仮想通貨USDT(BEP-20)」「仮想通貨USDT(ERC-20)」のいずれかで購入します。

クレジットカードは、カード登録が済めばすぐにMarketMoneyを入手可能。仮想通貨(USDT)の場合、ウォレットとの接続が必要になります。

仮想通貨でMarketMoneyを購入したい方は、「メタマスクの設定」の記事を参考に設定を進めてください。

マーケットマネーを用意できたら、XENOのMarketPlaceにアクセス。あとは、好きなXENOを選んで購入するだけです。

NFTが付いているXENOを購入する際には、少なくとも3点を確認しておきましょう。

  • 販売価格:何M必要か、市場価格に適しているか
  • EARN LV:トークンを稼ぐレベルが高いか、低いか
  • キャラクターステータス:キャラの種類、LV、スキルなど

MarketPlaceに出品されているXENOは、個人が販売価格を決められます。

全然強くないXENOなのに高額で販売している人が見られるので、市場価格に見合った性能のXENOを買うようにしましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のNFTを買うメリット

プロジェクトゼノでNFTキャラクターを購入すると、より効率的に仮想通貨を集められます

NFTキャラクターは仮想通貨を稼ぐ力(=EARN)を持っており、バトルに勝利するとUコインを獲得できるようになるからです。

https://twitter.com/konan3sei0001/status/1665893480600866816

NFTが付いているXENOを保有していると、バトルで得られるUコインの数量が増えるため、結果的に利益を得やすくなります。

またNFTを転売して利益を上げることも可能です。XENOのマーケットプレイスには、たくさんのNFTが出品されており、その価格は30万円にも上ります(1M=$1.1)。

「XENOのNFTキャラクターを安く購入→育てた後に転売」できれば、多くの利益を見込めます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のNFTを買うデメリット

XENOのNFTを購入するデメリットは2つ。

  • 初期投資のお金が必要※最低でも2万円前後(2023年6月26日時点)
  • NFTキャラクターが高く売れるとは限らない

XENOのNFTを購入するのに、2万円前後の投資金が必要です。
(1M=$1.1で計算)

もしXENOを3体揃えるとなると、2万円×3体で6万円。

たしかにUコインは稼ぎやすくなりますが、その分ゲームをプレイする時間を確保したり、NFTキャラクターの育成に力を入れる必要があります。

NFTが高く売れるかどうかは、市場の状況によって変動します。

今後NFTの転売を考えている方は、マーケットプレイスでXENOの価格がどの様になっているかはよくチェックしておくようにしましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) はどのくらい稼げる?

PROJECT XENOをプレイして、実際に稼いでいる人が出ています。

PROJECT XENOは、NFTゲームなので投資対象としてプレイしている方もいます。SNSを調べてみると、実際に利益が出せている人を多数発見しました。

「プロジェクトゼノでどのくらい稼げるか」気になっている方は、別記事をご参照ください。

あわせて読みたい
プロジェクトゼノはどのくらい稼げる?|今がチャンスなのか探ってみた
プロジェクトゼノはどのくらい稼げる?|今がチャンスなのか探ってみた
本記事では、プロジェクトゼノでどれくらい稼げるのかを解説します。 プロジェクトゼノは、GameFiの要素を持っており、ゲームプレイを通じて仮想通貨を得られます。 結論から言うと、1ヶ月に6,000円程度の収益が見込めます。 ただし、初期投資に6万円程度必要だったり、ゲームを欠かさずプレイする必要があるなど注意点もあります。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) 5つの特徴

PROJECT XENOの特徴は5つ。

  • Youtuberのヒカルがアンバサダーを務めている
  • 無課金でもバトルに勝てるゲームバランス設計
  • 日本の文化と馴染みがあるキャラクター
  • 独自のトークン・仮想通貨が存在する
  • 日本の大手企業が協賛している

Youtuberのヒカルがアンバサダーを務めている

PROJECT XENOは、Youtuberのヒカルが宣伝大使(アンバサダー)を務めています。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のアンバサダーにヒカルが就任
引用:PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のアンバサダーにヒカルが就任

ヒカルのYoutube登録者は486万人(2023年6月時点)。

PROJECT XENOは、大物Youtuberが激推しているゲームとあって注目を集めています。

ヒカルとPROJECT XENO運営との対談動画

無課金でもバトルに勝てるゲームバランス

PROJECT XENOは、戦略性に優れたゲームです。

キャラクター毎に得意なことと苦手なことが分かれており、プレイヤーの判断によってバトルの勝敗が変わります。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のゲーム画面
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のバトル画面

キャラクターの特性やスキルカードの効果などを理解することで、無課金であっても楽しめるという特徴を持っています。

実際、無課金でもバトルで勝って利益を出しているユーザーも見られました。

PROJECT XENOの開発陣は、以下のビジョンを掲げています。

楽しくなければGameではない
長く稼げなければFinanceではない

PROJECT XENO WhitePAPER-JP

NFTゲームの中には、ただの作業ゲーと化してしまうものも少なくありません。そんな中で、PROJECT XENOには、無課金だけど楽しんでいるというユーザーが多数見られます。

PROJECT XENOは、課金する人・課金しない人問わず、楽しくゲームできるように作られているようです。

日本の文化と馴染みがあるキャラクター

PROJECT XENOには、「サムライ」「ニンジャ」という日本文化から生まれたキャララクターがいます。

開発陣の中には、日本の漫画を読んで育ったという人がいるとのこと。

PROJECT XENOは、日本文化に触れてきた人にとって取っつきやすいゲームとなっています。

独自のトークン(仮想通貨)が存在する

PROJECT XENOには、2種類のトークンがあります。

  • GXE‐ガバナンストークン
  • UXE‐ユーティリティトークン 

GXEは、PROJECT XENOのゲーム内でNFTキャラクターやアイテムを生成するのに使用します。GXEはクレカで購入できるGコインと交換するほか、仮想通貨取引所「BITPOINT」で購入可能。

GXEを一定数保有することで、特典やアイテムを安く買える「GXEパートナー」という制度も存在します。

より詳しくGXEについて知りたい方は、「GXEの解説記事」を参照ください。

UXEは、ゲーム内で使える「Uコイン」「Gコイン」「ゴールド」などと交換できます。UXEをこれらの通貨と交換することで、キャラクターの育成・スキルの強化が可能です。

UXEは海外分散型取引所の「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」に上場済み。PancakeSwapでUSDTと交換することで、稼いでいる人もいるようです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方

日本の大手企業が協賛している

PROJECT XENOは、東証プライムに上場するゲーム制作会社の「gumi」や、SBIグループの仮想通貨取引所「BITPOINT」が協賛しています。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の協賛企業
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の協賛企業

2023年5月16日、PROJECT XENOの仮想通貨である「GXE」がBITPOINTに上場。

PROJECT XENOは、日本を注力エリアとして捉えているようなので、今後協賛企業は増えるかもしれませんね。

2023年6月現在、日本国内でPROJECT XENOのGXEを購入できるのはビットポイントだけです。

2,000円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の評判・口コミ

PROJECT XENOには、「ゲーム性が高い」「楽しんでプレイできてる」という好意的な口コミが見られます。

これまでのNFTゲームは、稼げることが重要視されすぎて面白みのないゲームも多かったですが、「ようやくまともなのが出てきた」という声も上がっていました。

これまでのBCGはゲーム性のないものが多かったけど、ようやくまともなものが出てきた。 運営のやる気と資金力はかなり高いし、今のうちに参入しておくと、人気出たらかなり稼ぐこともできるが、損したくないなら無課金で遊ぶのが無難。 課金は稼ぐ為じゃなくてゲームを楽しむ為にすべき。

GooglePlayの口コミ

PROJECT XENOは総じて、「ゲーム性が高い」という評判を集めているようです。

その一方で、「結局、課金しないと勝てない」「通信エラーがたびたび起きる」など否定的な口コミも見られました。

ゲームとしては面白いがキャラ性能のバランスが酷すぎて初期キャラの選択をミスると中々勝てない。メテオ等ありえないレベルの強さのスキルもあればどうやって使うんだよレベルの雑魚スキルもある… なので対策としては初期キャラをよく考える、必要であれば課金してキャラを増やすといったことが必要になると思う まだ未確定要素が多いゲームなので投資したくない人もいると思うが一応NFTBOXドロップすれば無課金でも稼ぐことはできる(勿論最初からNFTをもっていた方が手っ取り早く、有利に稼げる) まだリリースしたてなのでメンテナンスも多く、開放されてない機能も多く色々不便なところが多いが前述した通りゲームとしてはかなり面白いので今後の期待を込めて星4です

GooglePlayの口コミ

ゲーム内容的には面白いけど勝ってもネットワークエラーになり無効にさせられる。エラーばっかでてつまらなすぎるしやる人が居なくなる。

GooglePlayの口コミ

PROJECT XENOでは、課金することで強いNFTキャラクターやアイテムをゲットできるため、どうしても課金勢に有利な仕様になっています。スマホゲームで「課金勢が強い」のは、どんなサービスでも同じです。

とはいえ、PROJECT XENOではゲームバランスの調整・プレイングスキルによって無課金勢でも楽しめる作りになっているとは感じました。

リリース当初は初めに貰えるキャラクターが3体まででしたが、いまは6体まで貰えるように仕様が変更。

Mediverse編集部で無課金プレイしてみたところ、以下の戦略で勝利を重ねることもできています。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のおすすめ編成
PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のおすすめ編成
  • 使用キャラクターは「PSYCHIC」「GURDIAN」「GRAPPLER(もしくはNINJA)」
  • 各キャラクターは、基本的に「召喚スキル」の行動を優先
  • 召喚の優先順位は、「メテオ→ミニマジシャン→クノイチ→ガーディアン」
  • 召喚スキルを使ったあとは、攻撃ユニット(GURDIAN以外)を狙って攻撃

たしかにPROJECT XENOは、課金すれば勝ちやすくなる側面があります。しかし戦略次第では上位ランカーとも対等に戦えます。

アップデートを重ねる毎にゲームバランスは調整されているので、今後のサービス拡充には期待が持てるといえそうです。

プロジェクトゼノのリアルな評判10選!良い点・悪い点を深掘りしてみた

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の将来性

PROJECT XENOの将来性を3つの観点から考えてみましょう。

  • ゲームとしての人気を集められるか
  • ゲームの知名度を高められるか
  • 仮想通貨GXE・UXEが人々から投資対象として認識されるか

ゲームとしての人気を集められるか

PROJECT XENOが今後発展するためには、ゲームとしての面白さをさらに高める必要があります

ゲームの面白さは人を集めるうえで最も大事。

NFTゲームやブロックチェーンゲームは稼げる側面が取り上げられがちですが、ゲームが面白くなければプレイヤーは減ってしまいます。

その点、PROJECT XENOは開発陣が「面白いゲームを作る」ことに意欲的です。

PROJECT XENOのホワイトペーパーには、What’s fun(なにが面白いのか)という項目があります。

面白いゲームとは何か?夢中になるとはどういうことか?
子供のころにどんな空想に夢中になったかを想像しました。
(中略)

戦略と戦術と育成がバランスよく組み合わさる事が無限の可能性になると考えました。 バランスよくとは、例えばデッキを組む(戦略)だけで勝敗が決まってしまうとか、腕力が強いものだけが勝つ(戦術のない世界)とかこういう事がない世界がバランスの取れたゲームと表現しています。 別の表現をすると「攻略できる可能性が残っている」状態で、攻略するための道筋を楽しめるゲームをFUNだと定義しています。

PROJECT XENO WhitePAPER-JP

なにを以て面白いとするかは人によって様々ですが、少なくとも開発陣の中には面白さの定義がハッキリしています。

PROJECT XENOは今後、「ギルド」「ランド」といった新たな機能追加が予定されています。

ほかのNFTゲームやコンシューマーゲームと差別化して面白いゲームを作れるかどうか、今後の展開を見守っていきましょう。

ゲームの知名度を高められるか

PROJECT XENOがいくらおもしろいゲームを作っても、ユーザーが知らなかったら盛り上がりません。

いまやNFTゲームは世界中で開発されています。たくさんのNFTゲームから突出するためには、マーケティング(広報)の力も必要です。

PROJECT XENOはマーケティングが上手いようで、大物Youtuberやインフルエンサーをアンバサダーに採用。複数の仮想通貨取引所に、独自トークンを上場させています。

PROJECT XENOの公式アンバサダー
引用:PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)公式サイト

有名インフルエンサーとのコラボ

これまでPROJECT XENOでは、3名のインフルエンサーをアンバサダーに採用しています。

  • Hikaru(大物Youtuber)
  • Mohamed Ramadan(インスタフォロワー数2500万人超えのラッパー)
  • Manny Pacquiao(ボクシング6階級制覇のフィリピン人政治家)

人気のゲームになるためには、まずその存在を知ってもらう必要があります。Twitterを調べてみると「ヒカルをきっかけにPROJECT XENOを始めてみた」という人を多数確認。

またフィリピンでのマーケティングが盛んです。フィリピンはNFTゲームが仕事として取り入れている人がいるくらい人気があるので、プレイ人口を増やしたい狙いがあるのかもしれません。

今後、PROJECT XENOは日本だけでなく世界のインフルエンサーとのコラボも予定しています。将来的にPROJECT XENOの知名度が高まる可能性はあると言えるでしょう。

2023年10月には、渋谷で宣伝カーを走らせていました。

国際カンファレンス「WebX」でタイトルスポンサーに就任

PROJECT XENOを運営する「CROOZ Blockchain Lab株式会社」は、国際カンファレンス「WebX」のタイトルスポンサーに就任しています。

引用:PR TIMES

2023年7月25日、26日に開催されたWebXは、世界各国からWeb2・Web3の有望プロジェクトや企業、起業家、投資家、開発者等を集めたアジア最大級のWeb3カンファレンスです。その中でも、タイトルスポンサーになっているのは僅か6つ。

世界各国のWeb3関係者に対して、PROJECT XENOを知ってもらう機会になったかもしれません。

仮想通貨GXE・UXEが人々から投資対象として認識されるか

PROJECT XENOで用いられる2つの独自トークン「UXE」「GXE」。UXEとGXEが投資対象として人気を集めれば、PROJECT XENOのプレイヤーも増えると予想できます。

GXEは2023年5月後半から6月にかけて約2倍に高騰

GXEの価格チャート
GXEの価格チャート

その一方で、UXEは価格を下げました。

UXEの価格チャート
UXEの価格チャート

UXEとGXEが投資対象として見られるかは、今後のPROJECT XENOの盛り上がりにかかっています。

PROJECT XENOが盛り上がれば、ゲーム内で稼げるUXEやGXEの人気は高まり、投資対象としてもおもしろさも見えてくるでしょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のまとめ

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方や稼ぎ方、NFTの買い方を解説しました。

人気YouTuberのヒカルがアンバサダーに就任。日本国内の仮想通貨取引所にトークンが上場したことで注目されているNFTゲームです。

ゲームをプレイしながら稼げるGameFiをである「PROJECT XENO」をプレイしたい方は、ぜひ公式サイトからゲームをダウンロードしてみてください。

▼ゲームのダウンロードはこちら

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。