テレグラム(Telegram)とは?インストール・日本語化の方法や使い方、暗号資産界隈で人気の理由を解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

暗号資産の情報を集める時に便利なサービス、テレグラム(Telegram)をご存知でしょうか?

LINEやSkypeと比べると、国内で使用しているユーザーは少ないと言えます。しかし、セキュリティの高さやメッセージの送信速度の速さから、世界では多くのユーザーが利用しているサービスです。

この記事では、テレグラムのインストール方法や日本語化の方法、暗号資産界隈で人気の理由を解説します。利用を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

テレグラム(Telegram)とは?

テレグラムは、2013年にリリースされたチャットサービスです。

LINEやSkypeのように、メッセージや音声で相手とコミュニケーションを取れます。

スマートフォンやタブレット、パソコンなどデバイスを問わずに使え、無料で使用できるサービスです。

画像や動画ファイルを簡単に共有できるので、ビジネスでも活躍するツールとして注目を集めています。

国内でチャットサービスというと、LINEを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、テレグラムの月間アクティブユーザー数は7億人を突破し、2022年に世界でダウンロードされたアプリのトップ5にも入りました。

大規模なグループチャットや、特定のユーザーしか参加できないシークレットチャットがあり、暗号資産の情報を発信するチャンネルも多いです。

公式サイトTelegram Messenger
利用料金無料(2022年6月より有料サービスがリリース)
公式TwitterTelegram Messenger
日本語変換サポートTelegram: Set Language

日本語変換サポートは、テレグラム公式のサービスではありません。

コミュニティメンバーが有志で開発・運営をしています。

利用するとほぼすべての画面で日本語表示になるので、英語に不安のある方でも安心して利用できます。

テレグラムがよくわかる5つの特徴

テレグラムの特徴を5つにまとめました。

  • シンプルで使いやすい
  • 無料で使用できる
  • 通信速度が速い
  • 非営利団体が運営している
  • 強力なセキュリティ

それぞれ解説していきます。

シンプルで使いやすい

1つ目の特徴は、アプリがシンプルで使いやすいことです。

普段からLINEを使用している人は、違和感なく使いこなせるでしょう。

基本的な機能は、チャットと通話です。

大人数で行うグループチャットでは連絡を管理できるように、メッセージへの返信や特定のユーザーへのメンション、ハッシュタグ機能も使用できます。

画面に広告が表示されないのですべての項目が見やすく、直感的にわかりやすいデザインです。

無料で使用できる

2つ目の特徴は、無料で使用できることです。

テレグラムは創業者兼CEOのPavel Durov氏や、ユーザーからの寄付により運営されています。

公式サイトでも、100% 無料で高速のメッセージサービスを継続し、利益をあげることが最終目標ではないと書かれています。

広告の表示がなく無料で使用できるサービスは、ユーザーにとって大きなメリットです。

通信速度が速い

3つ目の特徴は、通信速度が速いことです。

テレグラムはメッセージ送信時に暗号プロトコルを使用しているので、送信されるまでの時間が非常に速いです。

暗号資産市場は24時間取引が行われており、止まることはありません。

つねに最新情報が求められるので、通信速度が速いことは大きなメリットです。

また、テレグラムはアプリ内に広告を表示させていないことも、通信速度が速い理由です。

非営利団体が運営している

4つ目の特徴は、テレグラムは非営利団体が運営していることです。

日本では暗号資産の情報や、NFTのGiveawey(NFTをプレゼントして認知度をあげる企画)はTwitterを利用する人が多いです。

しかし、Twitterの利用を禁止している国もあり、暗号資産の取り扱いも国や地域によっては厳しく制限されています。

テレグラムは非営利団体が運営しているので、特定の企業や国家からの圧力を受けづらいサービスです。

Twitterが利用できない国や暗号資産を禁止している国でも、テレグラムを利用すれば最新情報を集めることができます。

強力なセキュリティ

5つ目の特徴は、セキュリティが強力なことです。

テレグラムはプライバシー保護に力を入れており、最も重要なことに以下の2つをあげています。

  • 公務員・雇用主などの第3者からプライベートな会話を保護する
  • マーケティング担当者・広告主から個人情報を保護する

チャットで送信したメッセージや、画像・動画・ファイルなどのデータは、暗号化をした状態でサーバーに保管されます。

暗号を解除するキーは異なる地域のデータセンターで保管しており、サーバーを管理するエンジニアやハッカーが、ユーザー情報を流出させるリスクを減らしています。

細かいセキュリティ設定やログイン時の2段階認証もあるので、アカウントの安全性も高いです。

テレグラムのインストール・日本語化の方法

テレグラムのインストールとアカウント登録方法、日本語化の方法を解説します。

本記事で使用している画像は、Windowsでインストールした時の画像です。

他のデバイスでも基本的な手順は同じなので、使用するときの参考にしてください。

テレグラムのインストール方法

テレグラムをインストールするために、公式ページへアクセスします。

Telegram公式

  • Android
  • iPhone
  • PC/Linux
  • macOS

4種類の項目があるので、使用しているデバイスに合わせてインストールします。

Windowsのパソコンを使用している人は「Telegram for PC/Linux」をクリックしてください。

Windowsのインストールページにアクセスできます。

「Get Telegram for Windows×64」をクリックすると、テレグラムがパソコンにインストールされます。

インストール後に使用する言語を選択する画面が現れますが、テレグラムは日本語に対応していません。

日本語化の方法はのちほど解説しますので、この画面では「English」を選択してください。

インストール先のフォルダが表示されるので、フォルダを選択し「Next」をクリックします。

スタートメニューにショートカットを追加するか、デスクトップにショートカットを追加するかを選択できます。

ご自身の使用環境に合わせて、選択してください。

「Install」をクリックすると、パソコンへインストールが開始されます。

テレグラムのアカウント登録方法

インストールが完了したら、ファイルをクリックします。

画面中央の「START MESSAGING」をクリックしてください。

QRコードでの読み取りと、電話番号入力を選べます。

電話番号を入力する場合は、下にある「Or log in using your phone number」をクリックしてください。

入力画面が出てきますので、カントリーコードが「Japan」になっていることを確認。

電話番号を入力するときは、最初の「0」を抜いた番号を入力してください。

例 「080-1234-5678」の場合→「80-1234-5678」で入力します。

スマートフォンにショートメッセージが届き、認証コードが記載されています。

認証コードを入力し、名前とアイコンを設定してください。

「SIGN UP」をクリックするとアカウント登録ができ、テレグラムが使用できます。

テレグラムを日本語化する方法

テレグラムは日本語に対応していないので、専用のサイトで日本語化をします。

Telegram日本語化サイト

画面中央の「SET LANGUAGE」をクリックすると、日本語で使用できるようになります。

日本語対応の設定をしても、チャットで送られてくるメッセージはそれぞれの母国語です。

その場合はブラウザからテレグラムを利用し、Google翻訳を使用してください。

以上がテレグラムのインストール方法と、日本語で使用する方法です。

テレグラムの使い方

テレグラムの使い方や、初期設定を解説します。

アカウントの乗っ取りなどの危険もありますので、セキュリティーには十分注意してください。

初期設定方法

テレグラムを使用する前には、初期設定を行いましょう。

初期設定では、登録時に使用した電話番号が相手に表示されるようになっています。

ホーム画面の左上にある3本線をクリックし「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「電話番号」をクリックします。

誰と電話番号でつながりますか?の項目を、許可しないに設定してください。

この設定をすると相手に電話番号が通知されないので、トラブルを回避できます。

次はアカウントの乗っ取りを防ぐために、2段階認証を設定します。

「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「2段階認証」をクリックします。

2段階認証とは、スマートフォンを買い替えたときなど、新しい端末でログインする時必要なパスワードです。

あまり使用する機会がないので、パスワードをメモした場所を忘れないように気をつけてください。

パスワードを設定したら、パスワードを紛失してしまった時に使用する「パスワードのヒント」と「メールアドレス」を登録します。

設定したアドレスに認証コードが送られてきますので、入力してください。

認証コードが登録されると、2段階認証の設定は終了です。

ユーザーを検索する方法

虫眼鏡のマークをクリックし、検索ボックスにメッセージを送りたいユーザー名を入力すると相手が表示されます。

名前をクリックするとチャット画面に切り替わり、ユーザーが追加されます。

テレグラムではユーザーIDを設定していないと、検索ボックスに表示されません。

検索したいユーザーが見つからない場合は、ほかのツールを使用してユーザーIDを登録するように伝えてください。

メッセージを送る方法

チャット相手を選択し、画面の下の項目にテキストを打ち込みます。

右側にある紙飛行機のマークをクリックすると、相手にメッセージが送信されます。

テキストの他にも、画像やファイル、動画や音声なども送れます。

スタンプのように利用できる「ステッカー」があり、ステッカー1枚で返事を返すことも可能です。

通話方法

メニューから「通話」をクリックし、右下にある受話器のマークをタップします。

相手を選択し、通話のアイコンをクリックすると、通話が開始します。

以上がテレグラムの基本的な使い方です。

まずはこの4点を覚えてください。

テレグラムが暗号資産界隈で人気の理由

テレグラムが暗号資産界隈で人気の理由を3点紹介します。

  • 情報収集のプラットフォームとして認知されている
  • シークレットチャットを利用できる
  • 暗号資産Toncoinを送信できる

情報収集のプラットフォームとして認知されている

暗号資産の公式情報をテレグラムで発信しているプロジェクトもありますし、多くのメディアもテレグラムにチャンネルを開設しています。

すでに暗号資産の情報収集のためのプラットフォームとして認知されているので、新しいユーザーが集まりやすい環境です。

ユーザーが多いことは、仮想通貨やNFTのプロジェクトを運営する側にも大きなメリットがあります。

グループチャットを利用すれば、最大20万人にメッセージを届けることが可能です。

新規通貨を発行するときや、新しいNFTプロジェクトのマーケティングをする上でも、テレグラムを使用するメリットは大きいです。

シークレットチャットを利用できる

テレグラムには、ユーザーを限定してチャットができるシークレットチャットがあります。

シークレットチャット内の情報は、自分と相手にしか表示されません。

暗号資産やNFTのプロジェクトなど、まだ一般に公開していない情報を扱うミーティングに使用すると便利です。

チャット内のメッセージを暗号化することで、テレグラム運営側でも見ることができないように設定できます。

画像や動画なども、一定時間経つと削除する設定ができるので、秘匿性とセキュリティが非常に高いサービスです。

暗号資産Toncoinを送信できる

テレグラムは2022年4月から、チャット上で暗号資産Toncoin(TON)を送信できるようになりました。

テレグラムそのものにウォレット機能があり、ユーザーは送信したいユーザーを選択するとガス代不要でToncoinを送信できます。

国をまたいだプロジェクトで仕事をするときの報酬や、テキストや動画ファイルなどを共有してもらったときに通貨を送金できるのでとても便利です。

TonCoinはBITPOINTという仮想通貨取引所で取り扱いがあります。

口座開設をするだけで仮想通貨が貰えるキャンペーンが行われています。

1,500円相当のビットコインがもれなく貰える

ビットポイントの口座開設はこちらから

テレグラム上で情報収集・コミュニケーションする上での注意点

テレグラムは匿名でも利用ができメッセージの秘匿性が高い反面、サービスを悪用される可能性もあります。

コミュニケーションをする上での注意点を2点紹介します。

  • セキュリティの設定を見直す
  • 知らないユーザーからのメッセージに注意する

自身のプライバシーや個人情報などは、しっかりと管理してください。

セキュリティの設定を見直す

ホーム画面にある「設定」の項目から、プライバシーとセキュリティの設定ができます。

先ほど紹介した電話番号と2段階認証の他にも、通話やメッセージの転送、アイコンの表示なども細かく設定ができます。

他にも、テレグラムに接続しているデバイスの数や、特定のユーザーをブロックする機能もありますので、1度セキュリティの設定を細かくチェックしてみてください。

知らないユーザーからのメッセージに注意する

全く知らないユーザーからのメッセージや、送られてきたリンクには注意が必要です。

暗号資産やNFTの情報が集まるコミュニティでは、ダイレクトメッセージを利用した詐欺行為が報告されています。

米連邦取引委員会(FTC)の調査によると、2021年から2022年3月までの間に、46,000人を超える人が暗号資産に関連した詐欺被害にあっています。

レポートによると、暗号資産詐欺の被害にあった人の半数近くが、広告や投稿、メッセージが原因と分析しています。

日本でもTwitterやInstagram、Discordのダイレクトメッセージを使用した詐欺が報告されていて、コミュニティの運営側も「ダイレクトメッセージを受け取らない設定にしてください」と注意喚起をしています。

全く知らないユーザーからのメッセージには注意し「簡単に利益が出る」という言葉には注意してください。

テレグラム(Telegram)の危険性について

テレグラムはセキュリティの高さを利用して、犯罪に使われる面もあります。

理由は、高度な暗号化機能が犯罪者の活動を隠すのに役立っているからです。

実際に、テレグラムを特殊詐欺や闇バイトの連絡手段として使ったケースがあります。

テレグラム(Telegram)はなぜ犯罪で使われやすいのか?

テレグラムの高い秘匿性が犯罪に利用される主な要因です。

「シークレットチャット」を使用すると、他の端末での閲覧やメッセージのコピーはできません。

チャット削除時には相手の端末からも消去され、自動消去設定も可能です。

E2EE(エンドツーエンド暗号化)を実装しているので、通信内容はテレグラム運営でも閲覧できません。

E2EEとは、送信者と受信者だけが鍵をもち、第三者によるデータの復号を防ぐ仕組みです。

以上のとおり、秘匿性の高いテレグラムは、犯罪者にとって非常に魅力的となっています。

テレグラム(Telegram)と“闇バイト”の関係

犯罪者や詐欺師が闇バイトを集めるための連絡ツールとして、テレグラムを利用しています。

実際に、日本で発生した“ルフィ事件”では、フィリピンで収容中の日本人がテレグラムを通じて闇バイトの募集、指示していました。

以上のような事件に巻き込まれないためにも、知らない人からのメッセージなどには警戒が必要です。

暗号資産関連で初心者におすすめのテレグラムチャンネル3選

初心者におすすめのテレグラムチャンネルを紹介します。

暗号資産を購入するときや最新の情報を収集するとき、日常のコミュニケーションツールとして使用してください。

CryptoKudasaiJP

CryptoKudasaiJPは参加人数が2万人を超えるチャンネルです。

初心者向けのチャンネルも開設しており、運営側がTwitterのスペースを利用してAMA(ユーザーが質問できるライブ配信)をひんぱんに行っています。

AMAに参加してアンケートに答えると、NFTがもらえるキャンペーンを開催したり、日本での取り扱いのない通貨の情報を集めたりもできます。

チャットは日本語で行われているので、安心して参加してみてください。

Gensokishi Online -META WORLD-

Gensokishi Online -META WORLD-は、人気RPGゲーム「元素騎士オンライン」の情報を交換するチャンネルです。

元素騎士オンラインは2021年にブロックチェーンゲームをリリースし、メタバースでも遊べるようになると発表しています。

チャンネルの参加人数が3万人を超えていて、ゲームの最新情報が交換されています。

チャットルームでの会話は英語で行われていますので、利用するときは翻訳ツールを使用してください。

ラクダ集会所【JCC】

ラクダ集会所【JCC】は、日本のクリプトユーザーのためのコミュニティです。

参加人数も3千人ほどでそこまで多くなく、市場の情報やIDO、NFTや雑談なども気軽にできるチャンネルです。

チャットは原則日本語で行われ、書き込みの量も多くないので初心者にもおすすめのチャンネルです。

テレグラム(Telegram)でよく利用される機能について

テレグラムでよく利用される、以下2つの機能を紹介します。

  • チャンネル機能
  • ボットの作成機能

チャンネル機能

チャンネル機能は、情報を一方的に発信する目的で利用します。

1対多の関係で、管理者のみがメッセージを発信でき、参加者はそれを受け取る形です。

例えば、企業の情報発信などに適しています。

公開・非公開の設定が可能で、公開チャンネルは誰でも検索して参加可能です。

また、特定の人を招待するリンクも生成できます。

ボットの作成機能

ボットは、特定のタスクや処理を自動化するプログラムです。

仮想通貨の取引にも利用されており、テレグラム上でDEX(分散型取引所)の操作を簡単にするツールとして利用されています。

通常、DEXを利用する場合、ウォレットの設定や取引の手続きが必要です。

しかし、テレグラムでボットを活用すると、テレグラム内で仮想通貨取引や価格確認ができます。

ただし、ボット利用にはセキュリティのリスクがあるので注意が必要です。

ボットがトランザクションを代行する際に秘密鍵の共有が求められる可能性があり、専門家からは注意が呼びかけられています。

あわせて読みたい
Telegramの取引ボットの時価総額が250億円を超える
Telegramの取引ボットの時価総額が250億円を超える
Telegramのボットが人気を集めつつあり、時価総額が200億円を超えました。その一方で、セキュリティのリスクなどが指摘されつつあります。

また、ボットの作成には、一定のプログラミングスキルが必要です。

【簡単】テレグラムでチャンネルを探す方法

テレグラムでチャンネルを探す方法を紹介します。

ホーム画面にある虫眼鏡のマークをクリックし、@をつけてチャンネルの名前を入力するとホーム画面に表示されます。

ホーム画面の下にある「参加する」をクリックすると、チャットに参加できます。

チャットや絵文字、ステッカー(LINEで言うスタンプ)を貼り付けて楽しんでください。

テレグラムに関するまとめ

テレグラムのインストール方法や日本語化の方法、暗号資産界隈で人気の理由を解説しました。

世界中の人とコミュニケーションをとれるサービスですが、詐欺などに利用されるケースも報告されています。

アカウントのセキュリティをしっかりと管理し、安全にテレグラムを使用してください。

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。