MEXCの口座開設・登録方法を解説【2024年最新】

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

MEXCは、2018年にシンガポールに設立された暗号資産(仮想通貨)取引所です。

MEXCは海外の取引所ですが、日本語に対応していることから日本人ユーザーも多く利用しています。

本記事では、海外取引所が初めての方でもわかるようにMEXCの口座開設方法を画像付きで解説します。

記事の後半ではMEXCで口座開設をするときの注意点やよくある質問なども紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

MEXCの口座開設を行う手順

MEXCの口座開設は3ステップで行います。

  1. アカウントの新規登録をする
  2. 二段階認証の設定をする
  3. 本人確認(KYC)をする

MEXCではアカウントの新規登録のみで取引を開始できますが、セキュリティを高めるために二段階認証を設定しておくことをおすすめしています。

また本人確認をすると出金限度額が増額されます。必要に応じて設定しておきましょう。

アカウントの新規登録をする

MEXC公式サイトにアクセスします。
(PCの方はコチラ)

メールアドレスもしくは携帯電話番号を入力したら「次へ」をタップ

MEXCの口座開設手順1(スマホ)

パズル認証の画面が表示されます。

ピースを右に動かしてパズルを完成させましょう。

すると、MEXCに新規登録する画面に移ります。

MEXCの口座開設手順2(スマホ)

登録したいパスワードを入力しましょう。

招待コードには「mexc-1SLwu」と最初から入っていることを確認してください。招待コードが入っていると取引手数料が10%OFFになる特典が手に入ります。

利用規約とプライバシーポリシーを確認したら「新規登録」をタップします。

登録したメールアドレスに認証コードが送信されます。認証コードを入力して「確認」をタップします。

MEXCの口座開設手順3(スマホ)

これでMEXCの口座開設は完了です。

続いて二段階認証の設定と本人確認を行います。

二段階認証の設定をする

二段階認証はアカウントのセキュリティを高めるために必要な設定です。

ID・パスワードのほかに”セキュリティコード”を使ってWebサービスにログインできるようにします。

二段階認証の仕組み

ログインの手間は増えますが、ハッキングリスクを抑えられるため設定しておくのがおすすめです。

MEXCでは「Google Authenticator」というアプリを使用して二段階認証を行います。

二段階認証のアプリとMEXC公式スマホアプリをダウンロードしておきましょう。

・Google Authenticator(iphone/Android)
・MEXC(iphone/Android)

二段階認証の設定をする

MEXCアプリにログインしたら、画面左上の人型アイコンをタップします。

続けて「セキュリティ」をタップしてください。

MEXCの二段階認証手順1(スマホ)

二段階認証の項目にある「Google Authenticator」をタップします。

GoogleAuthenticatorの認証画面が立ち上がります。「次へ」をタップ。

MEXCの二段階認証手順2(スマホ)

認証アプリでQRコードを読み取りましょう

するとGoogleAuthenticatorのアプリが自動的に立ち上がりMEXCの認証コードが登録されます。

QRコードを読めない場合は、まず認証コードを生成するためのコピーします。Google Authenticatorのアプリを開いてセットアップキーに先ほどコピーした内容をペーストしてください。

Google認証コードが用意できたらMEXCのアプリに戻ります

MEXCの二段階認証手順3(スマホ)

ログインパスワード、メール認証コード、Google認証コードを入力します。

最後に「提出」をタップ。

これで二段階認証の設定は完了です。

以後、MEXCにログインする際にはGoogle Authenticatorで表示される認証コードをコピペしてログインすることになります。

本人確認(KYC)をする

本人確認(Know Your Customer)は、自分の氏名や住所などが記載された免許証や保険証などをデータで提出する行為のことです。

マネーロンダリングやテロ組織への資金供給を防ぐために必要な手続きとなっています。

本人確認とは
参照:政府広報オンライン

MEXCの本人確認には初級・上級レベルがあります。

本人確認(KYC)レベル1日の出金限度額入金購入取引その他
本人確認なし10 BTC⭕️⭕️⭕️⭕️
初級80 BTC
上級200 BTC
各本人確認(KYC)レベルが利用できるサービス-Bybit

MEXCは本人確認(KYC)なしでも1日10BTC相当の仮想通貨を出金できます

そのため無理に本人確認を行う必要はありません。

ただ、本人確認をしておくとなにかトラブルが起きた際に対応をしてもらいやすくなったり、キャンペーンに参加できるようなるため対応できる人はやっておくとよいでしょう。初級レベルで十分です。

本人確認はMEXCのアプリから行えます。

「スマホアプリ画面左上の人型アイコン→認証」をタップします。

MEXCの本人確認(KYC)手順1

本人確認(KYC)の設定画面に移動します。

初級KYC認証→Japan(日本)」とタップ。

MEXCの本人確認(KYC)手順2

個人書類の提出画面に移ります。

書類は3つ(運転免許書・パスポート・マイナンバーカード)から選択可能です。

MEXCの本人確認(KYC)手順3

それぞれの項目に情報を入力します。

入力を終えたら本人確認書類をアップロード。

最後に「提出」をタップしたら本人確認(KYC)の申請完了です。

本人確認の承認は早ければ数十分で完了します。

MEXCの口座開設方法【PC】

▼アカウントの新規登録する

まずはMEXCアカウントの新規登録を行います。

MEXCの公式サイトにアクセスし「新規登録」をクリック。

mexc_new1

「電子メール」または「電話番号」を入力し、「次へ」をクリック。

mexc_new2

指定の通りにパズル認証をします。

mexc_new3

任意のパスワードを設定していきます。

mexc_new4

パスワードは、以下の条件を全て満たす必要があります。

  • 10~128文字
  • 1つ以上の大文字
  • 1つ以上の小文字
  • 1つ以上の数字
  • 1つ以上の記号

利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意にチェックを入れ、「新規登録」をクリック。

登録したメールアドレスまたは電話番号に認証コードが送られてくるので、入力します。

認証コードを正しく入力できればアカウントの新規登録は完了です。

もしメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

▼二段階認証の設定する

アカウントの新規登録ができたら、二段階認証の設定を行います。

二段階認証とは、IDやパスワードの確認とは別に、セキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

第三者による不正アクセスを防ぐのに有効的でセキュリティを高めるために利用されます。

万が一、IDやパスワードが盗まれても、二段階認証を設定しておけば資産は流出しにくくなります。

実際の取引を始める前に二段階認証を設定しておくのがおすすめです。

MEXCでは、「Google Authenticator」というアプリを使用して二段階認証を行うので、事前にインストールしておきましょう。

MEXCにログイン後、画面右上の人形アイコンをクリックし、「セキュリティ」に進みます。

mexc_new5

「MEXC/Google Authenticator」の「設定」をクリックします。

mexc_new6

QRコードとキーが表示されるので、いずれかでバックアップを作成します。

mexc_new7

「Google Authenticator」アプリを開き、右下の「+マーク」をタップしてQRコードの読み込みまたはキーの入力を行います。

アプリにMEXCが登録され、6桁の認証コードが作成されます。

最後にセキュリティ検証を行います。

mexc_new8

メール認証コードとGoogle Authenticatorに表示されているコードを入力して完了です。

本人確認(KYC)をする

MEXCで取引をする上で本人確認は必須ではありません。

しかし、本人確認をしていないユーザーは出金額に制限がかかってしまいます。

MEXCの本人確認には二種類あり、出金限度額に違いがあります。

初級KYC認証 上級KYC認証
必要なもの 個人情報(身分証など) 個人情報、顔認証
出金限度額 80BTC/1日 200BTC/1日

基本的に初級KYC認証を完了していたら問題ありません。

もし1日に200BTC以上の資金を出金する可能性がある方は上級KYC認証を行いましょう。

本記事では初級KYC認証の手順を紹介します。

MEXCにログイン後、画面右上の人形アイコンをクリックし、「本人確認」に進みます。

mexc_new9

「初級KYC認証」の左側にある「認証する」をクリックします。

mexc_new9

本人確認書類は以下の身分証を使えます。

  • 運転免許書
  • パスポート
  • マイナンバーカード

本人確認書類は、写真がはっきりと見えるものをアップロードしましょう。

mexc_new10

全ての項目の入力が完了したら、画面下部の「審査に提出」をクリックします。

審査が完了するとメールが届き、本人確認完了となります。

MEXCの口座開設キャンペーン【2024年5月】

MEXCでは新しく口座開設した人に向けたキャンペーンを開催しています。

  • 取引手数料10%OFF
  • 先物ボーナス 50USDT
  • 最大1,000USDTボーナスが貰えるキャンペーン

取引手数料10%OFF

当サイトのリンクから口座開設された方は取引手数料が10%OFFになります。

取引手数料の割引は自動適用されます(2024年5月に運営にも確認しました)。

MEXCの特典について問い合わせ

取引手数料が割引されるのは、当サイトリンクからMEXC口座を開設した人のみです。

よろしければお使いください。

50USDTの先物ボーナス特典

MEXCの口座開設はこちらから

先物ボーナス50 USDT

MEXCで本人確認を行なったら50USDTの先物ボーナスが貰えます。

MEXCの口座開設キャンペーン

期限は口座開設から7日間以内です。

報酬は本人確認を終えたあと7営業日以内に配布されます。

最大1,000USDTボーナスが貰えるキャンペーン

MEXCで口座開設をした後、タスクをクリアすることでボーナスが貰えるキャンペーンに参加できます。

タスクは「振替・入金・先物取引」などがあります。

キャンペーンの詳細はアプリホーム画面から確認できます。

MEXCの口座開設キャンペーン(1,000USDTボーナス)

参加するには本人確認(KYC)を完了しておく必要があります。

あらかじめ対応しておきましょう。

各タスクの横にある「?アイコン」をタップするとキャンペーンの詳しい参加方法を確認できます。

基本的に記載された通りにタスクをこなせばOKです。

ひとつ注意点として、「振替」のタスクは先物取引アカウントに一定期間資金を保有し続ける必要があります。途中で資金を振り返ると条件を満たせなくなってしまうので注意してください。

50USDTの先物ボーナス特典

MEXCの口座開設はこちらから

MEXCの口座開設ができない時のチェックポイント

MEXCの口座開設ができない原因と対策をまとめます。

  • KYC認証の写真アップロードができない
  • 認証コードを受信できない
  • すでに登録済みのユーザーである

KYC認証の写真アップロードができない

KYC(本人確認)をするときに、身分証明書をアップロードしても受理されない場合があります。

以下の点を確認してください。

  • 画像形式はJPG、JPEG、PNGのみ
  • 画像サイズは5MB以内に収まっているか
  • 本人確認書類は原本の画像を提出しているか

これら全て問題がないのに本人確認書類が受理されない場合は、カスタマーサービスに連絡しましょう。

MEXCアプリの場合は画面右上にある「ヘッドホンアイコン」が問い合わせ窓口です。それをタップして、問題の事象を話してみてください。

問い合わせサポートは日本語対応なので日本語で書いて大丈夫です。

PCの場合はMEXCのサイトにログイン後、画面右下のヘッドホンアイコンをクリックします。

認証コードを受信できない

MEXCの認証コードが受信できないときは以下の原因が考えられます。

  • 迷惑メールフォルダに入っている
  • MEXCの公式プラットフォームが対応していない国にいる
  • SMS認証コードの送信間隔が短すぎる
  • 携帯電話のセキュリティソフトにブロックされている

迷惑メールフォルダに入っていないか、セキュリティソフトの設定は合っているかを確認しましょう。

すでに登録済みのユーザーである

MEXCは複数のアカウントを作ることは可能ですが、同じメールアドレスでは不可です。

メールアドレスが弾かれる場合は過去に登録したことがある可能性が高いです。

ほかのメールアドレスを使用するようにしましょう。

MEXCで口座開設をしたあとに行うこと

MEXCで口座開設後にやることは以下の5つです。

  • 暗号資産を入金する
  • デモトレードを行う
  • 暗号資産取引を行う
  • 新規登録者向けの特典タスクを実行する
  • キャンペーンに参加

暗号資産を入金する

口座開設が完了したら暗号資産取引を行うための資金を入金しましょう。

MEXCにログイン後、画面右上の「ウォレット」をクリックします。

mexc_account1

「入金」をクリックします。

mexc_account

入金したい「暗号資産」と「ネットワーク」を選択します。

mexc_account2

表示された入金アドレス宛に暗号資産を送金します。

mexc_account3

暗号資産ウォレットまたは取引所から送金手続きを行ってください。

アドレスは、必ずコピー&ペーストで入力しましょう。

MEXCのウォレットページに残高が表示されたら送金成功です。

入金に関する詳細や注意点については「MEXCに入金する方法・手順を画像付きで早わかり解説」でご紹介しています。あわせてご覧ください。

デモトレードを行う

「仮想通貨を入金したら早速取引!」といきたいところですが、もし海外仮想通貨取引所が初めての場合はデモトレードを行うことをオススメします。

デモトレードは架空の資金を使って取引を疑似体験できる機能です。

取引画面の扱い方や操作方法に慣れておいた方が本番でも緊張しにくいでしょう。

デモトレードのやり方は以下の通り。

▼MEXC公式アプリ(スマホ)

アプリ画面で「先物取引」をタップ。

画面右上の「・・・」をタップして「デモ取引」を選択する。

MEXCのデモトレード(スマホ)

▼MEXC公式(PC)

PCでデモ取引をする場合は、画面上部のメニュー画面で「先物取引→デモ取引」を選択します。

MEXCのデモトレード(PC)

取引したいトークンを選択すると「デモコイン」を受け取れます。

あとは実際にデモ取引をしてみて操作感を掴んでみるとよいでしょう。

暗号資産取引を行う

暗号資産を入金したら実際に取引を行いましょう。

ここではMEXCの現物取引で「USDT/BTC」を指値購入する手順を解説します。

画面左上の「現物取引」タブの「現物取引」をクリックします。

mexc_account4

検索欄に「BTC」と入力し、「BTC/USDT」を選択。

mexc_account5

注文方法を指値注文に設定して、希望金額を入力します。

画面下部の左側に注文数量を入力し、「BTCを購入」をクリックして注文は完了です。

mexc_account6

MEXCでは、現物取引の他にも様々な取引手法があるので、自分に合った取引手法を試してみてください。

新規登録者向けの特典タスクを実行する

MEXCには新規登録者向けの特典があります。

「特定のタスクをクリアすると先物ボーナスを獲得できる」という内容です。

MEXCの新規登録と7日以内にKYC(本人確認)認証を完了すると50USDTの先物ボーナスを獲得できます。

ボーナスは先物取引に使用可能。ボーナスを使用した取引によって得た利益は出金できますが、ボーナスそのものの出金はできません。

この他にも以下のタスクをクリアすると追加でボーナスを獲得できます。

タスク獲得ボーナス
1回目の送金が500USDT以上で、連続7日間以上500USDTの振替額を維持する累計取引高 ≥ 10,000 USDTランダムで5~30USDT
1回目の送金が1,000USDT以上で、連続7日間以上1,000USDTの振替額を維持する累計取引高 ≥ 120,000 USDTランダムで10~50USDT
1回目の送金が3,000USDT以上で、連続7日間以上3,000USDTの振替額を維持する累計取引高 ≥ 600,000 USDTランダムで30~100USDT
1回目の送金が6,000USDT以上で、連続7日間以上6,000USDTの振替額を維持する累計取引高 ≥ 1,500,000 USDTランダムで50~200USDT
7日間の累計先物取引高 ≧ 100,000USDT5USDT
7日間の累計先物取引高 ≧ 3,000,000USDT30USDT
7日間の累計先物取引高 ≧ 4,000,000USDT40USDT

キャンペーンに参加する

MEXCでは数多くのキャンペーンが開催されています。

キャンペーン内容は頻繁に入れ替わっており、入金や取引を行うことでボーナスを得られるものが多いです。

キャンペーンを利用して取引をすると断然お得です。

MEXCのキャンペーン情報を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

MEXCのキャンペーン総まとめ┃口座開設ボーナス&体験金もご紹介

MEXCで口座開設するときの注意点

MEXCで口座開設する際の注意点は以下の2つです。

  • 日本円の直接入金が難しい
  • 金融庁から警告を受けている

日本円の直接入金が難しい

MEXCは、日本円の直接入金ができません。

MEXCには入金方法が3種類あります。

  • 暗号資産
  • 法定通貨
  • クレジットカード

また、利用できるクレジットカードが限られている点にも注意が必要です。

MEXCのウォレットに入金する場合は、少し手間が増えますが国内取引所から暗号資産を入金する必要があります。

金融庁から警告を受けている

MEXCは、金融庁から警告を受けています。

警告は、2023年3月31日に金融庁が発表した「無登録で暗号資産交換業を行う者」のリストから確認できます。

しかし、MEXCの利用が違法という訳ではありません。

金融庁の公式サイトでは、以下のように書かれています。

登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。 

引用:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制

このように、2024年1月時点では、国内で勧誘することなく、個人の意思で利用する場合は、問題ないとされています。

MEXCで口座開設する際のよくある質問

MEXCで口座開設する際のよくある質問をまとめます。

  • 口座開設はどれくらいの時間がかかりますか?
  • 口座開設に本人確認は必須ですか?
  • 口座開設に必要な書類は何ですか?
  • 口座開設で獲得したボーナスに有効期限はありますか?

口座開設はどれくらいの時間がかかりますか?

MEXCの口座開設は最短5分程度で終わります。

本人確認(KYC)も即日で承認されることが多いです。そのためMEXCは最短1日で口座開設することができます。

口座開設に本人確認は必須ですか?

口座開設に本人確認は必須ではありません。

メールアドレスや電話番号を用いたアカウントの新規登録をすることで、すぐに取引を開始できます。

しかし、最近ではセキュリティの向上や違法行為の抑制を目的として本人確認を必須としている取引所が増えてきています。

口座開設に必要な書類は何ですか?

口座開設に必要な書類はありません。

しかし、本人確認をする際には以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

また、上級KYC認証の場合は、顔認証が必要になります。

口座開設で獲得したボーナスに有効期限はありますか?

口座開設で獲得したボーナスの有効期限は7日間です。

有効期限が過ぎてしまうとボーナスは無効となるので、注意しましょう。

MEXCでは、新規登録キャンペーンで獲得したボーナスを使うとお得に取引を始められます。

新規登録キャンペーンの他にも、「初回振替」と「初回先物取引」の金額に応じて、最大1,000USDTのボーナスを獲得できるので、この機会に登録してみてください。

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。