Bybit(バイビット)の出金方法完全ガイド:初心者でも簡単!

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

Bybitの出金方法を初心者に向けて解説します。

画像付きで丁寧に説明しました。

特に初めて出金するときは「上手くできるかな…」と不安になってしまうかもしれませんが、ゆっくり着実に行えば大丈夫です。

やり方を確認しながら進めましょう。

もしも出金できていなかったときに「どう対処をすればよいか」も併せて紹介しています。

Bybit(バイビット)から出金する手順【概要】

Bybitからの出金は3STEPで行います

Bybit 出金の流れ

「出金の下準備→出金操作→着金の確認」です。

順番に説明していきますね。

なおBybitは残念ながら日本円を出金できない仕様になっています。

仮想通貨を日本円に変えたい人は、「Bybitから国内取引所に送金する→国内取引所で日本円に交換する→銀行に送金する」という工程を踏みます。

①Bybitで下準備を済ませる

Bybitから出金するための準備は2つ。

  • 本人確認(KYC)
  • 二段階認証の設定

本人確認と二段階認証の設定は「出金操作をしているのが本人であること」を証明するために必要です。

②Bybitで出金操作を行う

Bybitの出金操作は4STEPで完了します。

  1. Bybitの「出金画面」に移動する
  2. 出金したい仮想通貨を選択する
  3. 出金先の情報を入力する
  4. 出金申請を行う

詳しい手順をすぐ確認したい方は「Bybitから出金する方法」の項に進んでください。

③ウォレットで着金したことを確認する

Bybitで操作を終えたら出金記録が残されます。

Bybit 資産の出金完了

あとは送金先の取引所やウォレットで着金していることを確認できたら出金は完了です。

仮想通貨を日本円に変える場合は、国内取引所で取り扱いのある仮想通貨を出金しましょう。

Bybit(バイビット)の出金ルール

Bybitで出金する際のルールをまとめます。

  • 日本円の出金には対応していない
  • 本人確認(KYC)レベルによって出金限度額が変わる
  • 出金リクエストは最大15分程度かかる
  • 出金手数料と最低出金額が仮想通貨ごとに設定されている

日本円の出金には対応していない

Bybitは日本円の出金に対応してません

法定通貨での出金に対応しているのは「USD、EUR、GBP」などのみです(参照:Bybitの法定通貨出金)。

Bybit内の仮想通貨を日本円に変える際は国内取引所を経由します。

例えばUSDTを日本円に変えたい場合。

まずUSDTを国内取引所で取り扱っている仮想通貨(BTCやXRPなど)に変換します。

その後、Bybitから国内取引所に仮想通貨を出金。

最後に国内取引所で仮想通貨と日本円でトレード。これで日本円を手に入れることが可能です。

本人確認(KYC)レベルによって出金限度額が変わる

Bybitは本人確認レベルで出金限度額が変わります。

1日の出金上限額月間の出金上限額各種サービスの利用
KYCなし20,000 USDT相当100,000 USDT相当❌️
KYCレベル1
(本人確認書類の提出)
1,000,000 USDT相当制限なし⭕️
KYCレベル2
(住所情報が分かる証明書の提出)
2,000,000 USDT相当制限なし⭕️
法人向けKYC100 BTC相当制限なし⭕️
出金に関するよくあるご質問(Bybit)

通常であればレベル1の本人確認までで十分です。

1日に1,000,000USDT(約1.5億円)は出金できます。

本人確認レベル2まで対応すると2,000,000USDT(約3億円)を出金できるようになります。

必要であれば申請しておきましょう。

出金リクエストは最大1分~30分程度かかる

「Bybitからの出金は最大15分程度かかる」と公式サイトにあります(参考:オンチェーン暗号資産出金)。

ただBybitの出金スピードは早くリクエストを受けた後にすぐ処理されます。出金申請から1~2分すればウォレットに届くことがほとんどです。

一部例外として、ネットワークの混み具合によっては出金まで15分以上かかってしまうこともあります。

私が試した中では23分かかったことがありました。

Bybitの出金時間
(この時はソラナネットワークのコインを出金)

Bybitからの出金時間は仮想通貨によって変わります。

もし近いうちに仮想通貨を使う予定がある方は、Bybitから早めに出金しておきましょう。

出金手数料と最低出金額が仮想通貨ごとに設定されている

Bybitでは出金手数料と最低出金額が仮想通貨ごとに決められています。

主要な仮想通貨の出金手数料をまとめました。

暗号資産出金手数料最低出金額
BTC0.0001 BTC(=約2,000円)0.0007 BTC(=約7,500円)
ETH0.0027 ETH(=約1,480円)0.0027 ETH(=約1,480円)
XRP0.25 XRP(=約23円)20 XRP(=約23円)
LTC0.001 LTC(=約14円)0.1 LTC(=約1,500円)
TRX1 TRX(=約18円)15 TRX(=約275円)
SOL0.01 SOL(=約266円)0.21 SOL(=約5,600円)
MATIC0.1 MATIC(=約13円)0.1 MATIC(=約13円)
LINK0.66 LINK(=約1,766円)13 LINK(=約34,800円)
SHIB950,000 SHIB(=約4,074円)1900000 SHIB(=約8,094円)
ADA0.8 ADA(=約72円)8 ADA(=約721円)
USDT1~8 USDT(=約153円~1,225円)1~10 USDT(=約153円~1,531円)
USDC1~14 USDC(=約153円~2,144円)1~20 USDC(=約153円~3,063円)
Bybitの出金手数料(2024年4月時点)

銘柄ごとに出金手数料は大きく変わります

出金手数料を節約するなら「XRP」や「LTC」「MATIC」などの仮想通貨がおすすめです。これらの仮想通貨は国内取引所でも取り扱っています。

出金時の注意点として「出金手数料は仮想通貨ネットワークによって変わる」ことを覚えておきましょう。

例えばUSDTは複数ネットワークに対応しています。それぞれの出金手数料は以下の通りです。

  • ERC20:8USDT
  • TRC20:1.3USDT
  • BSC(BEP20):1.3USDT
  • MATIC:1USDT
  • SOL:1.0USDT

8USDTと1USDTでは約1,000円近い差が出ます。

ほかの取引所やウォレットに出金する際には、仮想通貨ネットワークにも注意しましょう。

Bybit(バイビット)から出金するための下準備

Bybitから出金するには2つの準備が必要です。

  • 本人確認(KYC)をする
  • 二段階認証の設定

下準備は一度済ませてしまえばOKです。

出金のたびに行う必要はありません。
最初に済ませてしまいましょう。

出金の下準備(要タップ)

▼本人確認(KYC)

Bybitで出金する際は本人確認(KYC)が必要です。

本人確認は「アプリホーム画面→本人確認を行う」から申請できます。

画面の指示に従って本人書類のアップロードを進めましょう。

Bybitでは本人確認(KYC)のレベル毎に出金上限額が設定されています。通常の利用であれば、レベル1の本人確認まで完了しておけば十分です。

1日の出金上限額 月間の出金上限額 各種サービスの利用
KYCなし 20,000 USDT相当 100,000 USDT相当 ❌️
KYCレベル1
(本人確認書類の提出)
1,000,000 USDT相当 制限なし ⭕️
KYCレベル2
(住所情報が分かる証明書の提出)
2,000,000 USDT相当 制限なし ⭕️
法人向けKYC 100 BTC相当 制限なし ⭕️
出金に関するよくあるご質問(Bybit)

これは余談ですが、表を見たときに「あれ?KYCなしでも出金できるのでは?」と思うかもしれません。

たしかにBybitはKYCなしでも出金はできます。しかしKYCをしていないと仮想通貨の入金・購入・取引などのサービスを利用できません

「それなら、出金できる仮想通貨をそもそも持てないんじゃないの?」という話ですが、Bybitにはほかのユーザーを招待することで仮想通貨の報酬を得る制度が存在します(Bybitアフィリエイト)。

そのサービス利用者はBybitで仮想通貨取引をしなくても仮想通貨を手に入れられるので、この仕様はそういった方に向けられた配慮なのかもしれません。

▼二段階認証

二段階認証とは、Webサービスなどにログインする際に「第三者による不正アクセスを防ぐための仕組み」です。セキュリティを高めるために利用します。

Bybitでは「Google Authenticator」というアプリを使用して二段階認証を行います。

二段階認証の設定は5分もあれば完了します。

(アプリ(iPhone/Android)をダウンロード)


▼二段階認証(スマホ版)

Bybitのアプリにログインをしたら、画面下の「Home」を選択し、左上の人型アイコンをタップ。

次に「Security」をタップします。

Bybitのセキュリティ設定の画面が表示されます。

この中の「Google 2FA Authentication」の横にあるスイッチをタップしましょう。

すると「メールアドレスの確認(verify email address)」という画面に遷移します。Bybitに登録しているメールアドレス、または携帯電話のSMSに6桁の認証コードが届くので数字を入力しましょう。

「Open Google Authenticator」の画面が表示されたら「続行(Continue)」をタップします。

回復キーフレーズとGoogle Authenticatorのキーが表示されるので、回復キーフレーズをメモし、「Copy Key」をタップしてコピーし、「次へ(Next)」をタップしましょう。

「Google Authenticator」のアプリを起動し、右下の「+ボタン」をタップし、先程コピーした設定キーを入力しましょう。

アプリにBybitが登録され、6桁の認証コードが作成されます。

最後にBybitのアプリの「Google Authenticator」の欄に6桁のコードを入力しましょう。

これで二段階認証の設定は完了です。

▼二段階認証(パソコン版)

PCを使って二段階認証を行う方法を見ていきます。

「Bybitにログイン→アカウント&セキュリティ設定」をクリック

アカウントのセキュリティ設定画面が開きます。

ページ中段あたりにある「Google認証→設定」をクリック

二段階認証を設定するための認証コードが、メールアドレスもしくは電話番号に届きます。

認証コードを入力して確定をクリック

QRコードが表示される画面に遷移します。

画面のQRコードを「Google Authenticator」で読み込むと、Bybitの二段階認証コードが設定されます。

BybitのGoogle認証コードの欄に、「アプリで表示された認証コードを入力→確認」をクリック

これで二段階認証の設定は完了です。

Bybit(バイビット)から出金する方法

Bybiから出金する方法を説明します。
(→PCでの出金方法はコチラ)

スマホアプリ】Bybitから出金する

  1. Bybitアプリで「資産」→「出金」をタップ
  2. 出金したい仮想通貨を選択
  3. 「入金先アドレス」や「必要な情報」を入力
  4. Bybitから仮想通貨を出金する

①Bybitのスマホアプリで「出金」をタップ

Bybitのスマホアプリの下にある「資産」を選択して「出金」をタップしましょう。

②出金したい仮想通貨を選択

仮想通貨の一覧が表示されます。

出金する予定の仮想通貨を選択します。(お目当ての仮想通貨がすぐ見つからない場合は、検索を行なうと早いです)

③「入金先アドレス」や「必要な情報」を入力

仮想通貨の出金先ウォレットアドレスを確認します。

  • 国内取引所のウォレットアドレス
  • メタマスクのウォレットアドレス

国内取引所のウォレットアドレス確認方法

ここでは「BITPOINT」という国内取引所を例に説明します。

  1. 国内取引所にログイン
  2. 入出金メニューで、仮想通貨を選択
  3. 仮想通貨の入金アドレスを表示させる

国内取引所にログインしたら、「入出金」を選択

次にBybitから出金する予定の仮想通貨を選択します。

国内取引所でウォレットアドレスを確認

仮想通貨を選択すると「アドレスを作成」ボタンが表示されるのでタップ

仮想通貨のアドレスが表示されます。この情報がBybitで出金する際に必要です。

アドレスの入力は「コピー&ペースト」で行うのが安全なので、特にメモを取る必要はありません。

入金アドレスの確認方法だけ覚えておきましょう

出金する仮想通貨によってはアドレス以外の情報が必要なものもあります。
例えばXRPはアドレスの他に「宛先タグ」という情報が必要です。
入力が必要な項目は出金画面にあるので、仮想通貨ごとに確認しておきましょう。

メタマスクのウォレットアドレス確認方法

メタマスクのウォレットアドレスは、ログイン後すぐに確認できます。

メタマスクのウォレットアドレスの確認方法(スマホ)

アドレスと書かれている部分が、メタマスクの入金アドレスになります。

メタマスクのウォレットアドレス

メタマスクのウォレットアドレスで勘違いしてしまいがちなポイントを1つ補足しておきます。

メタマスクのウォレットアドレスはどの仮想通貨ネットワークでも同じです

「EthereumはAアドレス、PolygonはBアドレス、BSCはCアドレス」みたいにはなりません。すべて同じアドレスになります。

取引所に出金する場合は仮想通貨ごとに異なる送金先アドレスを使いますが、メタマスクの場合は使用するアドレスは一つで問題ありません

メタマスクで仮想通貨ネットワークを切り替えると、出金した仮想通貨がきちんと着金していることを確認できるのでご安心ください。

ただ、念には念を入れたい方は送金したい仮想通貨ネットワークに切り替えた後にアドレスをコピーするとよいでしょう。

④Bybitから国内取引所に仮想通貨を送金

入金に必要な情報をコピーしたらBybitのアプリに戻ります。

入力欄が表示されているので、国内取引所でコピーした情報を貼り付けましょう。仮想通貨によってはネットワークの選択も必要です。

出金先の情報と出金額を入力したら「出金ボタン」をタップ。二段階認証の入力画面が表示されるので、認証コードを入力します。

オンチェーンとBybit内送金の違い

出金時に「オンチェーン」と「Bybit内送金」という選択肢があります。
それぞれの違いは以下のとおりです。

オンチェーン:ブロックチェーンを用いて送金を行う。別の取引所やウォレットに送金できる。
Bybit内送金:ブロックチェーンを用いずにBybitが送金を行う。Bybitの別アカウントに送金できる。

Bybitの別アカウントに資産を振り替えたい時のみBybit送金を使用。それ以外はオンチェーンで出金すると覚えておくとよいでしょう。

以上でBybitから出金する手順は終了です。

送金速度が速い通貨であれば、5〜10分程度で国内取引所に着金します。

PCでBybitから出金するやり方

①Bybitの公式サイトで「現物」をクリック

Bybitの公式サイトにアクセスをしてログインしたら、画面右上の人型アイコンをクリックして、「資産-現物」をクリック

②出金したい仮想通貨を選択

現物ウォレットの画面に移動するので、出金したい通貨の項目から「出金」を選択

③「入金先アドレス」や「必要な情報」をコピー

仮想通貨の出金先ウォレットアドレスを確認します。

  • 国内取引所のウォレットアドレス
  • メタマスクのウォレットアドレス

国内取引所のウォレットアドレス

ここでは「BITPOINT」という国内取引所を例に説明します。

ウォレットアドレスの確認方法はどの取引所でも基本的に同じです。

メニューの名称は取引所ごとに少し変わるかもしれませんが、適宜読み替えて試してみてください。

国内取引所にログインしたら、「入金(または「受取」など)」を選択します。

次にBybitから出金する予定の仮想通貨を選択します。

仮想通貨を選択すると「アドレスを作成」ボタンが表示されるのでタップ

仮想通貨のアドレスが表示されます。この情報がBybitで出金する際に必要です。

アドレスの入力は「コピー&ペースト」で行うのが安全なので、特にメモを取る必要はありません。

入金アドレスの確認方法だけ覚えておきましょう

出金する仮想通貨によっては、アドレス以外の情報が必要なものもあります。

例えばXRPはアドレスの他に「宛先タグ」というものが必要です。出金する時に入力する項目が出るので、仮想通貨によって確認しておきましょう。

メタマスクのウォレットアドレス

メタマスクにログインしたら、ウォレットアドレスをすぐに確認できます。

メタマスクのウォレットアドレスの確認方法(PC)

勘違いしてしまいがちなポイントとして1つ補足しておきます。

メタマスクのウォレットアドレスはどの仮想通貨ネットワークでも同じです。

「EthereumはAアドレス、PolygonはBアドレス、BSCはCアドレス」みたいにはなりません。すべて同じアドレスになっています。

取引所に出金する場合はそれぞれ異なる送金先アドレスを使うので不安に思うかもしれませんが、メタマスクの場合は使用するアドレスは一つで問題ありません。

メタマスク上で仮想通貨ネットワークを切り替えると、対応している仮想通貨がきちんと着金されていることを確認できるのでご安心ください。

④Bybitから国内取引所に仮想通貨を送金

Bybitに戻ったら、「出金」画面が表示されます。

「出金アドレス」「タグ」の入力欄が表示されるので出金先のアドレスを貼り付けましょう。

チェーンタイプを選択し出金数量を入力したら、「提出」をクリックしてください。

「提出」をクリックしたら二段階認証の入力画面が表示されるので、「Google Authenticator」を起動して、6桁の番号を入力しましょう。

以上で出金リクエストが完了です。出金は早ければ数分程度で完了します。

Bybit(バイビット)で出金状況を確認する方法

Bybitで出金リクエストを送った後に、現在の状況を確認する方法を確認します。
(PCの方はコチラ)

「資産→資金調達アカウント→画面右上のノートアイコン」と移動。

Bybitの出金履歴を確認する手順

資産履歴を確認できる画面に移ります。

より詳細な出金情報を見たい場合は、「履歴→出金」と画面を遷移させます。各出金データが表示されるので、確認したい出金履歴をタップすると詳細画面に移ります。

Bybitの出金履歴を確認する手順2

スマホアプリからBybitの出金履歴を確認できます。

出金ステータスの意味は以下を参照。

  • 審査中:システムが出金依頼を確認します
  • 出金処理中:出金が承認されて、処理が行われます
  • 送金済み:Bybitから送金されてブロックチェーンの確認が行われます
  • 出金完了済み:出金先のアカウントに資産が送金されます
  • キャンセル済み:出金依頼をキャンセルした状態
  • 拒否:システムにより出金依頼が拒否された

出金ステータスが「出金完了済み」になればウォレットや取引所のアカウントに反映されます。

PCでBybitの出金履歴を確認するやり方

「資金調達アカウント」の画面に移動します。

Bybitの出金履歴確認手順1(PC)

資金調達アカウントに移動したら、画面右上の「履歴」をクリックします。

Bybitの出金履歴確認手順2(PC)

資金調達アカウントで行なった全取引を確認できる画面に移動します。

詳細な出金データを見るには「履歴→出金→もっと見る」とクリック。出金したときのトランザクションや出金ステータスを確認できます。

Bybitの出金履歴確認手順4(PC)

Bybit(バイビット)で出金できない時のチェックポイント

Bybitで出金ができないときにチェックしておきたいポイントをまとめました。

資金がデリバティブアカウントにないか?

デリバティブアカウントに入っている資金は出金できません

Bybitでは口座が用途によって分かれています。

アカウント種別アカウント出金
標準アカウント資金調達アカウント
現物アカウント
デリバティブアカウント
USDCデリバティブアカウント
統合取引アカウント資金調達アカウント
統合取引アカウント
インバースアカウント

Bybitから出金する際には、仮想通貨を資金調達アカウントに移す必要があります。

資金調達アカウントへの振替は、「資産→デリバティブ→振替(対象の仮想通貨)」から行えます。

Bybit 資産の振替方法(PC)
Bybit 資産の振替方法2(PC)

資産を振替するのに手数料はかかりません。

安心して作業して大丈夫です。

システムメンテナンス中ではないか?

Bybitでメンテナンスが行われていたり、仮想通貨のアップグレードが行われてたりすると出金が一時的に停止するときがあります。

出金するには2通りの方法があります。

  • メンテナンスが終了するまで時間を空ける
  • 出金する仮想通貨ネットワークを変更する
    (ERC20ではなくBSCを使うなど)

出金制限がかかっていないか?

アカウント情報を変更すると出金制限がかかります。

  • アカウントのパスワード変更
  • 携帯電話番号の変更
  • メールアドレスの変更
  • Google認証システムを手動で無効化
  • 新規アドレスの出金制限機能の有効化または無効化など

24時間経てば出金できるようになります

ただ、自分が出金したい時にこの仕様に直面すると歯がゆいです。

いつでも出金できるようにアカウントの情報は整理しておきましょう。

ウォレットアドレス・入金タグ・メモを正しく入力できていない

出金手続きをしたのになかなか入金されない場合。

ウォレットアドレスが間違っているかもしれません。

仮想通貨によってはアドレス以外にメモやタグの情報が必要です。それら必要な情報が間違っていると正しく出金できません。

Bybitには「資産回収フォーム」があります。

必ず返金されるとは限りませんが、出金手続きを間違えた場合は資産回収フォームに連絡してみましょう。

二段階認証が済んでいない

二段階認証が済んでいないと出金ができません。

先に「Google Authenticator」のアプリを使用して二段階認証の設定を行なっておきましょう。

出金額が利用可能残高を超えている

出金リクエスト金額が利用可能残高を超えている場合は、出金できません。

これはよくあるミスの1つです。

例えば「売買注文を出しているときに、その注文中の仮想通貨も出金リクエスト金額に含めている」パターンです。

この時、アクティブ注文をキャンセルして資金を現物アカウントに移したら出金できるようになります。

なおボーナスは出金できないので注意してください。

Bybit(バイビット)で出金する時の注意点

Bybitで出金操作を行うとボーナスが消失します。

出金はボーナスを使い切った後にするのがおすすめ

Bybitではボーナスそれ自体を出金することはできませんが、ボーナスを使って得た利益は出金できます。

上記仕様によってBybitから出金する時に以下のエラーメッセージが出ることがあります。

現在ボーナスがアクティブな注文またはポジション(デリバティブ)に使用されているため、出金リクエストは失敗しました

これはボーナスを使ってデリバティブ取引している時に出るエラーです。

ボーナスを使ってポジションを持っている状態で出金を行うと、ポジションを維持するのに使っていたボーナスが消失してしまう。そのため出金操作ができないというワケです。

ポジションを解消すると出金操作ができるようになります。その際、余っていたボーナスがあると消失してしまう点に注意してください。

Bybit(バイビット)の出金でよくある質問

入金が反映されるまでどれくらいの時間かかる?

取引所やメタマスクに入金が反映されるまでの時間は仮想通貨によって異なります。

BTCの場合は理論上は10分です。XRP(リップル)の場合は約10秒以内で送金可能。

ただし時間帯によってはネットワークが混雑するため時間がかかるケースもあります。

出金リクエストが処理されるまでには最大で15分かかる場合もあるので留意しておきましょう。

Bybitで出金手数料はかかりますか?

仮想通貨を出金する際には手数料が発生します。

出金手数料は仮想通貨によって異なります。

暗号資産出金手数料最低出金額
BTC0.0001 BTC(=約2,000円)0.0007 BTC(=約7,500円)
ETH0.0027 ETH(=約1,480円)0.0027 ETH(=約1,480円)
XRP0.25 XRP(=約23円)20 XRP(=約23円)
LTC0.001 LTC(=約14円)0.1 LTC(=約1,500円)
TRX1 TRX(=約18円)15 TRX(=約275円)
SOL0.01 SOL(=約266円)0.21 SOL(=約5,600円)
MATIC0.1 MATIC(=約13円)0.1 MATIC(=約13円)
LINK0.66 LINK(=約1,766円)13 LINK(=約34,800円)
SHIB950,000 SHIB(=約4,074円)1900000 SHIB(=約8,094円)
ADA0.8 ADA(=約72円)8 ADA(=約721円)
USDT1~8 USDT(=約153円~1,225円)1~10 USDT(=約153円~1,531円)
USDC1~14 USDC(=約153円~2,144円)1~20 USDC(=約153円~3,063円)
Bybitの出金手数料(2024年4月時点)

出金手数料は出金額に関わらず一定です。

1BTC出金する場合でも0.1BTC出金する場合でも出金手数料は0.0001BTCです。

出金手数料は出金操作画面に表示されます。

Bybitの出金手数料

出金するネットワークによって手数料は変わるのでよく確認しておきましょう。

出金手数料に限らず、Bybitの手数料を節約する方法は別記事で解説しました。よろしければどうぞ。

あわせて読みたい
Bybitの手数料一覧|必要なお金がまるっと分かるガイドブック
Bybitの手数料一覧|必要なお金がまるっと分かるガイドブック
本記事では、Bybitの手数料の種類や各手数料の計算方法について解説を行います。 Bybitで手数料負けしないためのコツも紹介するので、トレードする前にぜひ確認してみてください。

Bybit内送金の場合、出金手数料はかかりますか?

内部送金の場合は、出金手数料はかかりません。

Bybit(バイビット)の最新キャンペーン情報

Bybitでは入金や取引に関するキャンペーンはよく開催されていますが、出金に関するキャンペーンは特に実施されない傾向があります。

出金は自分のタイミングで行なうとよいでしょう。

Bybitの最新キャンペーン情報」はこちら。

【お知らせ】

仮想通貨の購入やNFTの売買には国内取引所の開設が必要です。

当サイトでは国内全ての取引所を調査して「おすすめの国内取引所」を出しています。

仮想通貨取引所ランキング

記事では各取引所ごとのお得なキャンペーンも記載しています。よろしければご覧ください。

おすすめの海外仮想通貨取引所」を知りたい方は別記事をどうぞ。