仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

Bitcoin(ビットコイン)は、1万種類以上にも及ぶ仮想通貨の起源であり、数々の技術革新を市場にもたらしました。

そして、ビットコイン価格は相場全体に影響を与えるケースも多く、市場センチメントを分析する指標にもなるため、仮想通貨投資を行う上では必ず押さえておいた方が良いでしょう。

本記事では、ビットコインの特徴や価格動向、将来性などを解説していきます。

今後の資産運用を有利に進めたい方は、ぜひ参考にしてください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトという人物(または団体)によって考案された世界初の仮想通貨であり、以下の技術がベースとなっています。

  • P2Pネットワーク:特定のサーバーを介さず、ノード(パソコンなど)間でデータを保存・やり取りする技術。LINEなどで使用されている。
  • ブロックチェーン:トランザクションを暗号化してブロックのように保管し、前回の取引と紐づけて格納する。

従来の決済手続きは金融機関を通す必要がありましたが、上記の2つを備えたビットコインには中央集権組織が存在せず、「誰でも」「無料で」「いつでも」送金が行えるのです。

実際のところ、ビットコインが登場するまでは手数料や取引時間の制限がボトルネックになるケースも多かったため、金融市場にとってはまさに革新的な仕組みといえるでしょう。

イーサリアムやリップルといった数々のアルトコインを生み出しただけでなく、Web3.0の根幹を成すブロックチェーンを普及させた立役者でもあります。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴

ここからは、ビットコインの特徴を3つ確認していきましょう。

  • 時価総額トップの仮想通貨
  • 定期的に半減期が到来する
  • 不正取引に対する安全性が高い

仮想通貨界隈の理解を深めるためにも、ぜひ参考にしてください。

時価総額トップの仮想通貨

ビットコインの時価総額は、2022年6月時点で74,086,759,033,859円とトップに位置しており、2位のEthereum(イーサリアム)とは約50兆円もの差があります。

参照:coinmarketcap

参考までに、時価総額とは「価格×発行枚数」で算出される指標であり、「高額なほどに取引規模が大きく注目度も高い」という判断が可能です。

すなわち、リリース以来圧倒的な時価総額を維持してきたビットコインには、世界中のトレーダーが多額の資金を投じており、単なる投資銘柄としてだけでなく、仮想通貨市場全体のトレンドを把握する指標にもなるでしょう。

定期的に半減期が到来する

ビットコインには、市場流通量をコントロールして希少性を保つ「半減期」という仕組みが備わっており、21万BTCが生成されるごとに実行されます。

具体的には、「マイニング*」という作業の対価として付与(発行)されるビットコインが半分になるため、一見するとトレーダーには無関係なように思えますが、過去3度の半減期では、いずれも短中期的に価格が高騰していることから、きちんと注目しておいた方が良いでしょう。

気になる次回までのカウントダウンは、海外取引所のバイナンスが以下のように公開しており、2022年6月の段階で残り約2年となっています。

参照:academy.binance

上記はアカウント登録不要で誰でも閲覧できるので、ぜひ活用してみてください。

*マイニングとは、ブロックチェーン上のトランザクションを暗号化し、前回の取引と紐づけてブロックを生成する作業

不正取引に対する安全性が高い

ビットコインは、世界中の端末が管理・開発者として参加できるブロックチェーン上で発行されるトークンです。したがって、不正操作を行うには膨大な数の「監視者の目」をかいくぐる必要があり、サイバーテロなどは実質困難となっています。

さらに、マイニングの過程で実行されるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムは、数多くのマイナーから寄せられる計算結果の中から、最も早かった回答を採用する仕組みであり、処理能力に優れたマシンを用意しなければなりません。

そのため、マイニング報酬を独り占めするには、それらを遥かに上回るハイスペックコンピューターが必要となり、多額のコストがかかることから、結果的に悪質なユーザーの排除に繋がっています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のチャート・価格動向

ここからは、ビットコインの価格動向を3つのポイントに分けて解説します。

  • 2019年
  • 2020年
  • 2021年

将来的な値動きを考察するためにも、ぜひ参考にしてください。

2019年

2019年に入った当初のビットコインは30万円程度に収まっていたところ、4月頃から強烈な買い圧力が働き、数か月で100万円を優に超えました。

参照:coinmarketcap

明確な上昇材料は観測されていませんが、NFT市場の活発化やビットコインの最初のブロック生成から10周年など、様々なイベントによる相乗効果という見方が有力です。

2020年

2020年といえば、ウイルスパンデミックによる未曽有の経済ダメージが記憶に新しく、ビットコインも50万円程度まで下落しました。

参照:coinmarketcap

一方、年末へ向かうにつれて価格は徐々に回復し、最終的には300万円にまで戻っています。

2021年

2021年は全体的に高値圏を推移しており、一時は700万円の大台にまで突入しています。

参照:coinmarketcap

ウイルスパンデミックからの経済復興に加えて、法定通貨採用などが追い風となり、史上最も勢いが強まった時期といえるでしょう。

上記の通り、ビットコインは世界中から資金が集まる分、市場のトレンドや経済情勢が反映されやすく、例年を通してハイボラティリティな相場を見せています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後の見通し・予想

ビットコインの今後を見通す上では、まず直近のチャートをチェックした方が良いでしょう。以下は2022年6月までの価格動向であり、米国の利上げなども相まって400万円以下に落ち込んでいます。

参照:coinmarketcap

しかしながら、ビットコインの価格予想を公開している以下のAIはいずれもポジティブな見解を示しており、2022年末頃には再度500万円以上まで回帰する見通しです。

  • Digitalcoin:2022年末までに6万2,100ドルへ到達し、その後3年程度で10万ドルを超える。
  • Coin Price Forecas:2022年末まで5万3,098ドルへ到達し、その後5年程度で15万ドル以上を推移。

実際のところ、上記の通りに推移するかは不透明であるものの、一旦300万円前半にタッチしてからの反発上昇には目を見張るものがあり、多額の買い注文が集まった様子がうかがえます。

また、500万円程度なら決して非現実的な水準ではないため、ある程度の期待が持てる予想といえるかもしれません。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の買い方

ビットコインの基本や価格動向が把握できたところで、次は具体的な買い方をCoincheck(コインチェック)を例に確認していきましょう。

まずは、以下公式サイトの「会員登録」をクリックして、専用フォームのページに移行します。

参照:Coincheck

次に、下図で「メールアドレス」などの個人情報を入力し、その後届くメールのリンクからマイページにアクセスしてください。

参照:Coincheck

最初にログインした段階では、入出金機能などに制限がかかっているため、マイページから顔写真付き身分証明書などをアップロードし、ロックを解除する必要があります。

そして、無事に認証が下りたら、マイページ左側の「日本円の入金」を選択して、ビットコインの購入資金を振り込みましょう。

参照:Coincheck

マイページの「ウォレット」に残高が反映されたら、「販売書(購入)」で「BTC」を選び、希望数量を入力してから「購入する」を押せば完了です。

参照:Coincheck

本人確認の承認までに数日程度を要する可能性もある一方、全体的な手続き内容はそこまで難しくありません。

上記を参考にしながら、着実に手順を進めてみてください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)を取り扱っている国内外取引所は?

ビットコインは最も代表的な仮想通貨であることから、基本的にすべての国内取引所で購入が可能です。

ここでは、その中でも特に利便性が高い取引所を3社確認していきましょう。

Coincheck(コインチェック)

参照:Coincheck

コインチェックは、国内最大規模のユーザー数と豊富な取り扱い銘柄が魅力であり、NFTマーケットプレイスには多数の人気アイテムが揃っています。

サイトのUIも大変分かりやすく、初心者でも迷わず直感的に操作できるでしょう。

GMOコイン

参照:coin.z

大手インターネットグループ傘下のGMOコインは国内最多の20銘柄を取り扱っており、シンボルやエンジンコインといったニッチな領域にもチャレンジ可能です。

また、口座資金に対して最大2倍の通貨が買える「レバレッジ取引」も提供しているため、少額資金でも効率的にビットコインが運用できるでしょう。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

参照:liquid.com

リキッドバイコインは、そこまで豊富な銘柄を上場していない一方、国内取引所では珍しく「SOL」を扱っています。

加えて、簡単な操作で通貨が購入できる「クイック販売所」や「取引所」も分かりやすいパネル配置となっており、ビットコインもスピーディーに手に入るでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)はやばい?将来性について

ビットコインは世界で初めてローンチした仮想通貨であり、NFTやメタバースのベースとなっているブロックチェーンが誕生したきっかけでもあります。

そのため、将来的にもその地位が崩れることはなく、今後も様々な改良によって優位性を高めていくでしょう。

実際に、2021年には以下2つの大型アップデートを実行しており、後発コインに負けず劣らずのトランザクション処理能力を獲得しました。

  • マークル化抽象構文木:トランザクションの取引条件を公開する対象をあえて減らし、処理にかかる容量を削減。
  • シュノア署名:ブロック生成時の署名をオフチェーンに移し、トランザクションの処理スピードを向上させる。

さらに、ビットコインの処理能力向上とガス代の削減を目指して、「ライトニングネットワーク」というセカンドレイヤーを実装し、より快適な取引環境を構築しています。

上記のようなアップデートは、ビットコインの利用価値を高める効果があり、将来的にも主要通貨として君臨し続ける期待が持てるでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のQ&A

ここからは、ビットコインでよくある質問を3つ確認していきます。

今後購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ビットコインを扱っている国内取引所はどこ?

ビットコインは、仮想通貨の中でもトップクラスの人気と取引量を誇っており、上場していない国内取引所は存在しません。

したがって、購入する際はプラットフォームの使いやすさや安全性、手数料の金額といったポイントを中心に、取引所を選ぶのがおすすめです。

ビットコインの半減期はいつ?

ビットコインは、21万BTCが発行される度に半減期を迎える仕組みであり、ブロック生成が10分に1個のペースという点を考慮すると、基本的には4年に一度訪れる計算です。

参考までに、次回は2024年に半減期が到来する見込みですが、詳しくはバイナンスのビットコイン半減カウントダウンをチェックしてみてください。

ビットコインはいくらから買える?

ビットコインは1通貨あたり数百万円と大変高価ですが、購入自体は500円程度から可能となっています。

ただし、取引所ごとに最低購入額が異なるため、詳しくは各社の規約を参考にしてください。