Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)とは?NFTの特徴や将来性を徹底解説

【PR】記事内には広告が含まれることがあります。

『最近TwitterでみかけるDFTってどんなプロジェクトなの?』

『Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の将来性が気になる』

このような疑問を解決していきます。

今、Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)を買うとエアドロップが開催されているのでお得です。

購入する枚数によりますが、最大3つのNFTを無料で貰えます。

この記事ではDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の特徴や将来性について紹介します。

ぜひこの記事を参考にしてDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の魅力を感じてください。

おすすめ取引所!
  • お得なキャンペーンを多数開催
  • 各種手数料が無料
  • ニッチ〜メジャーまで幅広い仮想通貨ラインナップ
  • SBIグループの運営で安心感◎
BITPOINTの詳細はこちら

\1,500円相当の仮想通貨が貰える!/

BITPOINTで口座開設してみる

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)とは?

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)は大型の古代魚アロワナをモチーフにしたNFTプロジェクトです。

2022年9月3日にリリースし発行枚数は3333体を完売した人気NFTプロジェクトでもあります。

Twitterなどでは略されたDFTでよく見かけますよね。

またDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)は「BAYCをリスペクトし

NFTを通じてメンバーに有益なコミュニティを創ることを第一に目指す」という目標も掲げています。

BAYCとはBored Ape Yacht Club(ボアード・エイプ・ヨット・クラブ)の略称で、2021年8月創業のフロリダ州マイアミに拠点を置くYuga Labsが発行する猿をモチーフにしたNFTコレクションです。

BAYCのNFTコレクションは2021年4月に当初0.08ETH、日本円で約2万円ほどで発行されました。

発行されて1年も経たずにBAYCの価格は高騰、現在のフロア価格は73ETH、日本円で約1770万円の価格を推移しています。(2022年9月13日現在)

価格高騰の理由の一つであるクローズドなコミュニティ形成、猿のNFTが言わば会員証として機能するNFTのあり方があります。

BAYCを持っている有名なセレブリティだとジャスティン・ビーバー氏やイーロン・マスク氏、日本だと関口メンディー氏や松浦勝人氏という方々が所持をしています。

またBAYCを所持していた初期のユーザーに対してエアドロップという形で無料でNFT(MAYCなど)やBAYCの独自トークン(APE Coin)を配布したこともあります。

価値として数百万から数千万円のNFTやAPE Coinが配布されたユーザーもいました。

今となっては高額すぎるBAYCですが、初期に購入した人が羨ましいです。

そんなBAYCのような有益なコミュニティ形成を掲げているのがDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)がです。

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の特徴

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の特徴について2つの視点からみていきましょう。

1つ目は先程のBAYCにもあった「エアドロップ」をDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)でも実施しています。

今回のエアドロップとは条件を満たすと無料でNFTを貰えます。

その条件は以下の通りで

  • Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のNFTを2枚所持している方
    スナップショット9月8日18時(日本時間)終了
    スナップショット9月12日18時(日本時間)
    2枚以上で3DカードNFTが貰えます。
  • Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のNFTを5枚以上所持している方
    スナップショット9月13日18時(日本時間)
    スナップショット9月20日18時(日本時間)
    5枚以上でししゃもんアロワナNFTが貰えます。
  • Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のNFTを所持している方
    スナップショット9月20日18時(日本時間)
    スナップショット9月27日18時(日本時間)
    1枚以上でラオスNFTが貰えます。

まとめるとDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のNFTを1枚、2枚、5枚以上持ってると無料で条件にあったNFTが貰えます。

2つ目として、Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の運営者をみていきましょう。

プロジェクトリーダーのbeeeeMさんは2017年から仮想通貨に関わりweb2、web3の幅広い経験と知識を持つ、Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)を世界へといざなう第一人者です。

また世界トップレベルの日本の漫画やアニメ、ゲームをNFTを通じて世界に価値あるものとしてチームメンバー全員で送り出しています。

海外マーケティングにも力を入れております。

先日は世界9位のインフルエンサーJampz氏によるgiveaway企画も行ったりと世界へのマーケティングも順調でフォロワー数も右肩上がりで伸び続けています。

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の価格動向

時価総額はリリース後10日ほどしか経ってはいませんが、順調に右肩上がりで上昇中です。

オーナー数はリリース後に利確組で若干オーナー数は減っています。

ですが現在のオーナー数は1400名ほどで横ばいの状態が続いており、今後のプロジェクトの期待が伺えます。

フロア価格はやはりリリース直後からの暴落となりNFTプロジェクトではよくある形となりました。

現状は0.2〜0.3ETHで推移しており、パブリックセールで購入している人はミント割れギリギリのラインです。

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の今後の見通し・将来性

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)は詳細なロードマップを公開してません。

現状のNFTプロジェクトの問題点として

  • ロードマップが実行されないことが多い
  • 同じようなロードマップのプロジェクトが多い

という理由や、またサプライズを用意していることもありDragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)は詳細なロードマップを公開していません。

サプライズの1つに芸能プロダクションの関係者が在籍しており、誰もが知っている芸能人とのコラボも予定されております。

芸能人とのコラボなどのサプライズは安心してNFTを購入する理由にも繋がり、また芸能人のファンの方が初めてNFT購入する動機にもなり、今後盛り上がる要素を秘めたNFTプロジェクトとも言えるでしょう。

Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のまとめ

この記事では、Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)の特徴や将来性について紹介しました。

まとめ

  • 大型の古代魚アロワナをモチーフにしたNFTプロジェクト
  • BAYCをリスペクトしていると公言している
  • Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)のNFTを所持している方にエアドロップ開催

ぜひとも、Dragon Fish Tokyo(ドラゴンフィッシュ東京)が気になってる方はこの記事を参考にしてみてください。

おすすめ取引所!
  • お得なキャンペーンを多数開催
  • 各種手数料が無料
  • ニッチ〜メジャーまで幅広い仮想通貨ラインナップ
  • SBIグループの運営で安心感◎
BITPOINTの詳細はこちら

\1,500円相当の仮想通貨が貰える!/

BITPOINTで口座開設してみる