DIVERSITYダイバーシティ

ダイバーシティのアイコン

Our policy基本理念


当社は多様性(ダイバーシティ)のある環境と、その多様性を尊重し受け入れる
包括性(インクルージョン)のある職場環境形成を企業成長戦略の1つと位置づけています。
多様な属性の違いを企業の強みに変換することで付加価値を生み出すと共に、
誰もが生き生きと働ける社会作りに取り組んでいます。

LGBTへの理解と取り組み

LGBT社員の働きやすい職場環境実現のため、2018年4月よりLGBT相談窓口の設置や人権啓発プログラムを順次実施し、LGBTへの理解促進をおこなっています。

外国人雇用

ダイバーシティ推進の取り組みならびに事業のグローバル化に伴い、外国籍社員の雇用・活躍推進の取り組みを積極的におこなっております。
在留資格など入国管理制度の順守はもとより、日本で仕事をしていくための異文化コミュニケーション上の課題や人間関係などの適切なサポートを実施し、現在では中国・台湾国籍の社員が大勢活躍しています。

女性活躍推進

社内での女性の活躍推進を目指し、子どもを持つ社員も生き生きと活躍できる環境を醸成するため、育児休業・育児短時間勤務制度などの労働環境整備に努めています。

公正な評価・処遇

評価見直しを年2回実施しており、社員一人ひとりの能力発揮と公正評価の実現を目的に「セルフチェック制度」を設けています。
まず社員が自身の仕事ぶりを評価、次に上長が評価し、両者の評価について当事者と上長と面談で話し合います。面談で直接対話することにより、社員自らの成果や課題を把握するとともに、評価の透明性・公平性を確保しています。

人材育成

全社員を対象としたさまざまな研修を実施し、社員一人ひとりの成長とキャリア形成を支援しています。